« 明日のこと | トップページ | SV-14LB »

2007年2月11日 (日)

昨日のこと

昨日、ちょっとしたオーディオ的イベントがあり、参加させていただいた。詳細、且つ具体的には書けないので、今回の主役の方だけが分かるように、感想を述べたい。まず、その主役のお宅に訪問し、その時点での音を聞いた。一聴した印象は、まったく問題なし。高水準である。スピーカーの特長かと思われるが、高音はまろやかではなく、くっきりはっきりとしている。甘さはない。低音が十分に出ているのには驚いた。飽和寸前のぎりぎりのところでバランスが取れている。これ以上出ると破綻してしまいそうだ。良い音を聴くのは本当に楽しいものです。その後色々なことを行った。私が主に聞いたのがC製品で、下記の渡辺玲子のバッハをソフトとして使い、まず聴いてみた。良いのだが、弦や演奏のフォーカスが合わず、音が薄い印象。次に級を変えてみた。フォーカスが合い、密度が高くなった。最後にケーブルを変えてみた途端、さらに情報量が増加して、とても良い塩梅となった。その後も色々なことをして時間があっという間に過ぎていった。このような貴重な体験をさせていただき、とても勉強になりました。本当にありがとうございました。

|

« 明日のこと | トップページ | SV-14LB »

コメント

もう解禁ですね。続報期待しております。

投稿: トク | 2007年3月11日 (日) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日のこと | トップページ | SV-14LB »