« Back to Bach | トップページ | フューズ »

2007年5月16日 (水)

スモール・リビング・オーディオ(その後)

以前アップしたスモール・リビング・オーディオの続編というわけでもないが、このBlogでは中途半端になっているので、この機にまとめを記す。スモール・リビング・オーディオの経緯を振り返ると、昨年末にFostexの限定ユニットMG850を衝動的に手に入れたことから始まる。MG850を使った自作スピーカー+自作スタンドを、ザ・キット屋の真空管プリSV-14LBと真空管パワーSV-9Tでドライブする構成で、ソース側はiPodと考えていた。各ユニットの完成間際にオーディオルームが2階から1階のリビング?の隣の部屋に移動したことにより、スモール・リビング・オーディオが宙に浮いてしまったのだ。一時行き先を失った機器であるが、現在は次のように使っている。
自作スピーカーはメインシステムのリア用として活躍している。今までAudio Pro Image11/KAIというミニモニターを利用していたが、少し高音がきつかったので、フルレンジ自作スピーカーの出番が出てきたのだ。フロントとの音の繋がりがどうのこうのと言うより、リアが主張しなくなって良い感じかな?良い耳を持つ人が聴けばダメダメだろうが。
行き場を失ったImage11は、それこそスモール・リビング・オーディオとなっていて、ボリューム付きのSV-9Tでドライブするというミニシステムで、リビングのテーブルに置いて、偶にiPodを繋いで聴いている。音はラジカセに毛が生えたようなプアなものだが、子供達が聴く分には宜しかろう。
SV-14LBは本来の機能であるヘッドフォンアンプとしてメインシステムに繋がれている。ただSV-14LBは工作の不手際か、少し音が割れる場合があるので、不具合を直そうと思いながら現在に至っている。尚、プリが壊れて修理に出す必要があるTさん宅にピンチヒッターとしてSV-14LBを使ってもらうことにした。今日夕方持って行ってTさん宅で繋げてみたが、取りあえず不具合もなく、元気に鳴っていたので、ほっとした。ちょうどTさんがパワーアンプを新調され、それとペアで鳴らしてみたが、そのパワーアンプのおかげで小音量でも結構まとまりのある瑞々しいサウンドであった。SV-14LBをヘッドフォンアンプとして使う予定であるが、実はまだちゃんとしたヘッドフォンがないのだ。現在は長男用に買ったiPod付属のイヤホンで聞くのみであるが、それでも結構良い感じだ。何れ、もう少しまともなヘッドフォンを買おうと思っている。ただ、ヘッドフォンはあくまでサブ的に使用するので、本格的なものはいらない。本格的なものを買うとすればSTAXしかないと思っている。以前STAXを秋葉原のオーディオ店長に頼んで、自宅試聴させてもらったことがあるが、音の良さは流石STAXだと感心した記憶がある。今回ターゲットにしているのはポータブルなもので、音質はあまり追求しない。現在SV-14LBがTさん宅にあるので、Tさんのプリが直って、SV-14LBが戻るまで、のんびりとヘッドフォンを決めようと思っている。
と言った感じで、本来の目標からはずれてしまったが、まあよしとしよう。

|

« Back to Bach | トップページ | フューズ »

コメント

 こんばんは。Tです。先日はありがとうございました。
 お借りしたSV-14LB,快調です。ノイズも感じません。
特に小音量で鳴らすと,優美な音色で,聞き疲れしません。押し出してくる音ではありませんが,楽器の音色は,リアルに出ます。クラシックならOKでしょう。

 修理依頼中の私のプリは,プロテクト回路が働いただけで,異常なしという診断で,動作確認,清掃後,近日中に戻ってきそうです。

 しかし,戻ってきたプリと比較して,SV-14LBが勝っていたらどうしようかと少々不安でもあります。

 話は変わりますが,クアドラのラック,注文してしまいました。これで,冬のボーナス小遣いも,使い道が決まってしまいました。

投稿: T | 2007年5月22日 (火) 23時06分

要となるプリが大事に至らず何よりです。SV-14LBも快調でほっとしています。(我が家ではどこからかノイズを拾うのかも?)
で、とうとうクアドラを注文しましたか。おめでとうございます。見た目もすっきり、音も瑞々しくなります。また遊びに行きますね。

投稿: still_crazy | 2007年5月23日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Back to Bach | トップページ | フューズ »