« PCオーディオ(ファイル・ウェブ) | トップページ | PCオーディオ(6) »

2007年6月29日 (金)

PCオーディオ(5)

PCオーディオ関連機器の導入に際して、その資金繰りに頭を悩ませるわけだが、資金調達第1弾として、以前ヤフオクで手に入れたCDドライブの外付けケースを売り払った。このケースはPCオーディオ用として望まれるFirewire変換チップのOxford911を積んでいないので、使用を躊躇していた。勿論、この度米国からOxford911を積んだ外付けドライブケースを手に入れたので、ますますその出番はなくなり、売却したのだ。
資金調達第2弾として、3年ちょっと前に大阪の逸品館で手に入れたミニモニターAudio Pro Image11/KAIも手放した。ずーっとマルチのリアスピーカーとして愛用してきたが、昨年末から製作開始したFostex MG850のユニットを使用した自作スピーカーが、強烈な個性もなく、リアスピーカーとして鎮座していることや、スモール・リビング・オーディオの存在が宙に浮いてしまったことで、今回ヤフオク行きとなった。
資金調達第3弾として、これもスモール・リビング・オーディオ的な発想で手に入れたザ・キット屋の小型真空管アンプSV-9Tであるが、Jeff Rowland Model201の存在を脅かすこともないので、ヤフオク行きとした。
資金調達第4弾はこれからのことだが、これもスモール・リビング・オーディオとして手に入れたSV-14LBも処分しようと思っている。とても良い製品で、トクさんにお貸しした際も、結構良い塩梅で活躍していた。今後はヘッドフォンアンプとして利用しようかとも思っていたが、仮にPCオーディオ用としてRME Fireface 400を手に入れた際には、それをヘッドフォンアンプに利用できるので、益々使用する機会が減ってしまう。という訳で、これもヤフオク行きとする。
これら第1弾~第4弾までで、少し余裕が生まれることが期待でき、(勿論全て大幅な損をしているが、損の回収という意味で)パソコンとプリアンプの間のオーディオ・インターフェイスの調達が射程距離に入ってきた。

|

« PCオーディオ(ファイル・ウェブ) | トップページ | PCオーディオ(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCオーディオ(ファイル・ウェブ) | トップページ | PCオーディオ(6) »