« フューズ(3) | トップページ | まもなく初めてのミニオフ会 »

2007年6月 1日 (金)

TAD Reference One

今日から6月。清々しい初夏。今年の夏も暑くなるのだろうか。我がオーディオは熱くなるのだろうか。今日は東京へ出張。いつものように日帰りね。いつものように少しだけ時間が空くので(空けるので)、毎度の秋葉原へ。

アポイントもせずに懇意にしていただいているオーディオ店店長に会いに行った。いつもの笑顔で出迎えを受け椅子に着席すると、そこに鎮座していたのが、巨大なPioneer TAD Reference Oneであった。Serial Numberの1と2で、現時点、日本では唯一のペアだとのこと。まだ、鳴らしこみは1週間程で全く不十分であるが、第一印象としては、とても素直な音と言える。店長はNaturalと表現していた。変な個性はなく、特定な部分を誇張することもない。生真面目な日本人といった感じかな。悪い意味ではない。とても好印象である。大音量(店長宅で聴く、あのうわさの音量とほぼ同等とのこと。)で聞かせてもらったが、鳴らしこみが不十分なので高域のきつさはあったが、破綻することなく、ユニットの高性能さを垣間見ることができた。この生真面目さに、いかにダルさ加減を加味するかが課題だと言われていた。妙に納得である。

TADの後ろにJBLのDD66000も鎮座していて、ほんの少しだけ聴かせてもらった。こちらは数ヶ月の鳴らしこみをしていて、音の刺々しさもとれ、良い塩梅で鳴っていた。この2つのスピーカーはまったく個性が違うが、どちらも良い。どちらも高い。

もう少し時間があったので、Sofmap 2号店の5Fへ足を運んだ。そこでRME製品を見てみようと思ったのだが、製品はあったのだが、製品の前にメモ書きで、「近日中にRME製品が数万円単位で値上げされます」とあった。(もう既に値上げされているのかそうでないのか、また数万円単位というのが本当か気になるが。)・・・・・・Tさんというより、トクさんにしますね。トクさん、もしその気なら早く手をつけたほうが良いかも。私も注文しちゃおうかな。   

|

« フューズ(3) | トップページ | まもなく初めてのミニオフ会 »

コメント

ウーン。
RME・・・
still_crazyさんにも背中を押されてしまった。
実はPCオーディオは来年の楽しみにと思っていたのですが・・・。
どうしましょう。
というか金策の当てがないのです。(>_<)

実家のTVAを整備してオクに出すぐらいしか。
 

投稿: トク | 2007年6月 2日 (土) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フューズ(3) | トップページ | まもなく初めてのミニオフ会 »