« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

もう大晦日

今年も残すところ数時間で終わる。今年をじっくりと振り返る時間もなく、あっという間に過ぎ去った感じだ。本当は昨日1年の振り返りをBlogにアップしようと思っていたのだが、思わぬアクシデント。いつも使っているメイン・パソコンがいきなりフリーズしてしまったのだ。OSをフォーマットしてインストールし直してもまったくだめ。画面が「節電に入ります」というメッセージが数秒出るだけ。年賀状も途中だしどうしよう。新しくパソコンを買おうなんてエイデンに行ったりもしたが、すべてVistaだしなあ。急遽Windows2000がぎりぎり動くノートを押入れから引っ張り出し、最悪、そのノートで年を越そうとも考えていた。(このノートは、エラーしまくりながら、Blogのコメントが1回だけ何とかアップでしたのは奇跡でした。・・・Sugarさんへ)

「節電に入ります」とはどういう意味だろう、なんて考えながらメイン・パソコン(デスクトップ)の箱を開けて、もしや!CPUのヒートシンクに埃がたまっているではないか!掃除機でパソコンの中を大掃除して、もう1度OSをインストールしてみたら、無問題。熱暴走だったとは。。。。で、やっとパソコンが動きだし、今、今年最後のBlogを書いている。現在のBGMはなぜかFilippaだ。

というわけで、1年を振り返る時間もなく、今年の最後のBlogとなりました。このBlogを訪れていただいた皆さん、いろいろとお世話になりました。2008年もよろしくお願いします。・・・年賀状どうしよう。。。

| | コメント (0)

2007年12月29日 (土)

良い感じ

今日少しだけ、自称オーディオルームに散乱している本の整理をした。といっても処分したわけではないが、結構、こざっぱりした。ついでに、スピーカーのセッティングも見直した。今まで、床が畳ということもあり、スピーカーの下にはTAOCのHT-3Lという横長(1200×550)のラックのボードを左右のスピーカーそれぞれの下に敷いていたのだが、見た目が結構うっとうしかったので、それを外し、350×450のSCB-CSシリーズのボードだけにした。ボードが小さくなった分、畳縁をまたいでガタつくのは避けたかったので、今までより間隔を広げて、ちょうど畳1畳分の間を取った。音質的な変化はあまり期待していなかったが、思ったより、低音が出るようになったのだ。そこで、以前紹介したNomadが良い感じで鳴ってくれる。年末年始、音楽が楽しめそうだ。

| | コメント (2)

2007年12月28日 (金)

チーム・バチスタの栄光

今日から冬休み。今年は10日間も休みがあるのか。といっても、あっという間に過ぎてしまうのだろう。まずは、大掃除をせねば。我がオーディオルームがさらに物置と化しているので、まずはここを整理して、機器のセッティングを少しいじってみたい。

ということよりも、今年は読書のマイブームが途切れることなく、何かしら読んでいるが、今はまっているのが、最近本屋さんで平積みされているチーム・バチスタだ。(文庫本ね。)話のテンポがよい。登場するキャラクターも良い。現在上巻を読み終え、これから下巻だ。

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

子供たちはゲーム三昧

ネタとしては昨日のことになってしまったが、サンタさんが子供たちにプレゼントを持ってきてくれた。中一の長男はいざ知らず、次男、三男は「サンタさん、ありがとう」って有頂天だ。でっ、サンタさんからのプレゼントは、これ。

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

Dan Fogelberg

久しぶりにその名前を目にした。ジャズに疎いので、オスカー・ピーターソンの死去より、ダン・フォーゲルバーグの記事に目を奪われたのだ。彼のオフィシャル・サイトによれば、12月16日に亡くなった。彼のアルバムで、何度も聴いたのがThe Innocent Ageだ。LPで手に入れたのかCDか記憶にないが、また、どこかでアルバムを手に入れたいと思っている。

Danfogelberg

| | コメント (0)

2007年12月24日 (月)

五嶋みどり バッハ

一昨日の京都は結局ずーっと雨のなかで、名所をまわった。今回観光タクシーを使ったのだが、とても勉強になった。ただ見て回るだけでなく、丁寧な解説付きなので、タイからのお客さん以上に楽しめた。やはりタイ人なのか、金閣寺は一段と目を輝かしていた。しかし寒かったなあ。

昨日は、子供の用事で1日名古屋でぶらり。ちょっと時間があったので、またまたタワーレコードへ。そこで手に入れてきた1枚が、五嶋みどり。それもバッハを演奏している。いままでバッハってあったかな?まあ、家に帰っても聴く時間がなかったので、これは冬休みの楽しみだ。

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

忘年会 他

今日は職場の忘年会があった。酒の好きな人、話が好きな人、まあいろんな人がいるわ。みんな元気で幸せそうで何よりだ。自分は1次会で帰宅した。それというのも、タイからのお客さんを明日京都観光に連れて行くので、今日午前様はちと辛いのだ。明日はあまり天気がよろしくなさそうだが、まあ良いか。15年ぶり位の京都だからね。京都がはじめてのお客さんだから、定番のコースだね。

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

Midori 20th Anniversary Album

この日曜日の午後、外は寒いが、ふと五嶋みどりが聴きたくなって、このアニバーサリーを取り出した。BGMで聞き流そうと思ったが、バイオリン・ソロが始まった途端、聴き入ってしまった。ただ、Audio Physic Virgo 3から再生されるバイオリンの音色は本当にバイオリンなのだろうか。生のバイオリンが聴きたくなった。

| | コメント (0)

外こもり

「日本を降りる若者たち」。タイトルに惹かれて手に取り、一昨日の東京出張のお供にした。「外こもり」かあ。日本は物質的には豊かだが、何だかなあ。出張当日は早く出発したので、朝9時前には東京駅到着。やあ、多くの人が駅構内で必死に走っている。朝っぱらから疲れるわ。田舎に住んでいると、東京に出ただけで疲れちゃうから、日本から逃げ出したくなるのも納得だ。我が家の子供達が大人になる頃の日本はどうなっているのだろう。

| | コメント (0)

2007年12月15日 (土)

富士山

昨日の富士山。昨日はまた東京へ日帰り出張で、新幹線から携帯で撮った1枚。天気は良かったが、雄大な裾野は霞んでいて見えなかった。良いアングルを、と思っていたら、あっという間に過ぎ去り、山に消え入る直前のシーンとなってしまった。

Fuji

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

ツァラトュストラはかく語りき

昨日また名古屋へ出張の折に、これまたタワーレコードに立ち寄り、手に入れた。ワールト指揮オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団演奏のもので、EXTON初のLP登場!500セット限定盤!とあった。SACDやDVD-AUDIOは既出(下のリンク)のもので、そのアナログレコードである。針を落とすのは週末になりそうだが、どんな壮大なシーンが浮かび上がるか期待したい。Strauss_2

しかし、パソコン入力で小さな「ツァ」とか「トュ」とか、いまだに入力、変換方法が分からない。だからツとァ(変換)とか一文字一文字カタカナにしているのだが。

| | コメント (0)

2007年12月 9日 (日)

DIGA DMR-BW800

本日近くのエイデンに寄って、ちょっと散財してしまった。PanasonicのDIGA DMR-BW800である。我が家にとって初めてのDVDレコーダーで、これからはVHSカセットの呪縛から解き放たれる。これで以前購入したビデオカメラHDC-SD5とのリンクが軽快にできそうだ。今夜配線して見てみよう。

| | コメント (0)

トヨタの闇 Our Credo

ここに書かれている内容は、真実だと思うし、そんな風に感じる。いろいろな噂も聞く。とある寮で、ポツン、ポツンと空き部屋ができるそうな。つまり自殺でね。愛知県はトヨタのおかげで繁栄しているそうな。まあ、わが町は愛知県内でも片隅のど田舎なので、その恩恵はほとんどない。優秀な先生も財政豊かな豊田市に流れるし。しかし、トヨタはすごいよ。どこまで利益を上げるのか。巨大な利益を上げているのも、部品メーカーのおかげだが。

どんなCSRを持ってトヨタは企業を経営しているのか実感できないが、Johnson & Johnsonは「我が信条(Our Credo)」に簡潔に明確に書かれている。J&Jという企業についてはほとんど知らないが、これがわが社のCSRだと言われれば、納得だ。

| | コメント (0)

2007年12月 8日 (土)

ドリーム☆アゲイン

久々にはまっているドラマがドリーム☆アゲイン。といっても、第1話を観て、その後ブランクだらけで、先週は番組の70%位視聴して、今週は100%、でもって来週がクライマックスの最終回かあ。ほとんど観ていなかったけれど、来週が楽しみだ。

| | コメント (0)

マザー・テレサ

なつかしのオリビア・ハッセーが演じているんだあ、と思いながら気になっていたマザー・テレサをやっと観た。2時間というとても短い時間に聖女の生き様を垣間見た。オリビア・ハッセーが本当にマザー・テレサのようだ。

| | コメント (0)

2007年12月 7日 (金)

Ouvertures 鈴木雅明指揮

元気が出て、前面が明るく澄みわたる感じの演奏だ。SACD Stereoでも十分迫力のある演奏だが、SACD Multiの音の包まれ具合が心地よい。クラシック音楽のSACD Multiって本当に良い。他にもう1枚鈴木雅明指揮のBach Collegium JapanのCDを手に入れたので、今度紹介しよう。

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

Janine Jansen Vivaldi The Four Seasons

ヴィヴァルディの四季で何かないかなあと思い、手に取った1枚。今までは昔買ったイ・ムヂチの演奏しかなかったので、とても個性的な演奏である。8名という小編成で聴かせてくれる。なかなか良い。

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

Vivaldi Cello Sotanas Linden

今週の名古屋出張の折にもうひとつ購入したのが、リンデンのヴィヴァルディ・チェロ・ソナタ全集である。チェロとチェンバロの音色は素敵だ。2枚組だけれど、1000円位で安かった。

Vivaldi_linden

あっ、もう12月だ。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »