« イントロ超人 | トップページ | Henryk Szeryng »

2008年1月 9日 (水)

Audio Note Kits

この年末年始に時間と財布が許せば、オーディオのキットを手に入れて、ひとりチマチマとハンダ鏝を握ろうかと思っていたが、時間はないし、財布も薄っぺらだし、そして、肝心のどのキットにするかで悩み、結論が出なかったので、結局何も工作せず、大掃除と音楽と旅行と雑用で終わってしまった。

そうこうして、今日まで日にちが過ぎたが、ここにきて、我が物欲を刺激するものが現れた。タイトルのAudio Note Kitsである。音と戯れる会の海外在住メンバーがそのAudio Noteのアンプを製作し、好結果を出しているというコメントにビビッと反応してしまったのだ。Audio Noteというブランド自体は知っていて、時々Audiogonでチラ見している自分がいたが、メジャーなブランドという認識はなかったし、ましてやKitを販売しているなんて思ってもいなかった。オーディオ関係の掲示板でとても有名なAudio AsylumにAudio Note Kits Forumという専用フォーラムがあるし。(まあ、Audio Note KitsはAudio AsylumのSponsering Organizationの一つだが。)Audio Note Kitsのすごいところは、色々な
グレードアップ・オプションが豊富にあり、自分の要求レベルにあったものを製作できることだ。マニュアルも分かり易そうだし、アフターサービスも良い感じ、多くのディープなユーザーがいること等、とても心強い。

Audio NoteのKit群の中で、勿論アンプに対する興味が最大だが、実はスピーカーのKitも興味がある。キャビネットそのものを注文すると、高額な運賃がかかるので、それは自作するとして、ユニットとネットワークなんて面白そうだ。色々なウェブサイトを見てみると、アンプ、CDプレイヤー、DAC、スピーカーやケーブル類に留まらず、なんとLPプレーヤーとかMMカートリッジまでAudio Noteブランドで統一できるみたいだ。Linnのキット屋バージョンって感じか?何かすごいね。

|

« イントロ超人 | トップページ | Henryk Szeryng »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イントロ超人 | トップページ | Henryk Szeryng »