« 死因不明社会 | トップページ | 斉藤さん 薔薇のない花屋 »

2008年1月14日 (月)

NIN x NIN

昨日は、子供がDVDを観たいと言うので、近くのTSUTAYAに足を運んだ。こんな片田舎にもTSUTAYAがあるなんて感激だ。ソフトの種類は他の大型店の方が豊富だと思うが、新作でも結構簡単に借りられるので、とても重宝している。あっ、でも我が家では子供達は「映画」を観たいとは言わないなあ。「DVD」を観たい、だ。最近映画館に行っていない
からな。ちょっと反省。

で、借りてきたのは、NIN×NIN 忍者ハットリくん。2、3年前の作品。本当は別にお目当てがあったようだが貸し出し中で、妥協してこれになった。以前にも観たことがあるので、話の展開はだいたい覚えているが、娯楽としては面白い。親子で楽しめるってやつだ。

このDVDにはDolbyとdtsのサラウンドが収録されていて、今回はdts surroundで鑑賞した。迫力ある沈み込む低音、映像とリンクしながら飛び回るサウンド。もっと派手なアクションとサラウンドで楽しめる作品は多いと思うが、これはこれで実に面白い。ピュア2CHでは絶対に味わえない世界だ。我が家の場合は8畳間という限られた空間であるので、センタースピーカーとかサブウーファーとか置くスペースがない。よって、ダウンミックスが必須である。ピュア・サウンド(サラウンド)を目指すSACD Multiは音だけで勝負だが、映像とサウンドがドッキングする映画であれば映像の占める割合が大きいので、音の勝負だけじゃないのでAVアンプのAX-V8000で十分だ。

SACD Multiはあのボックスが届くまで、お預けね。

|

« 死因不明社会 | トップページ | 斉藤さん 薔薇のない花屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死因不明社会 | トップページ | 斉藤さん 薔薇のない花屋 »