« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

黄金のキョロ缶

というわけで、我が家に黄金のキョロ缶が届いた。Kyorocan

| | コメント (0)

2008年3月30日 (日)

プチ・オフ会も終わって

昨日会社の同僚が遊びに来て、我が家の音楽を楽しんでもらった。オーディオファイルにとっては我が家のサウンドは物足りないだろうが、ミニコンポの音よりはマシなので、同僚も楽しんでくれたと思う。ファーストインプレッションは「雑味がない」という言葉だった。確かにハイエンドでもなく、至極全うな音で、あまり個性はないのかも。彼がもっとオーディオに興味を持ってくれれば良いのだが。また、会社で聞いてみようっと。

CT100プロジェクトは細々とやっており、現在はCT102の電源モジュールの方を先に進めている。電源周りは、スイッチングモジュールのシールド(どうやってやろうか思案中)を残して、ほとんどの配線が終わった。青色LEDが点灯するかハンダ付けする前の仮接続で試してみると、鮮やかなブルーが点灯してくれた。これで、電源のON/OFFの確認ができる。

| | コメント (0)

2008年3月28日 (金)

明日はどうしようかな

明日、会社の同僚でオーディオに興味を持ち始めている人が我が家に遊びに来る。これをああして、あれをこうして、って考えようと思ったが、普通に音楽を聴いてもらおう。そして少しでもオーディオの良さを伝えることができれば成功だ。そして、ちょうど今日さかもとこーひーから注文していたコーヒー豆が届いたので、コーヒーを飲みながら、のんびりしようか。

| | コメント (0)

2008年3月27日 (木)

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ

3月28日から30日まで名古屋国際会議場(何処だったっけ?)でオーディオフェスタ・イン・ナゴヤが開催されるのか。行けそうにないなあ。

| | コメント (3)

2008年3月26日 (水)

着々と進んでいます

今日名古屋出張があったので、帰り際に久々の大須へ。CT100プロジェクトで不足している部品を調達してきた。まあ絶対に必要というわけではないが、やはり電源のON/OFF確認ための発光ダイオード(&抵抗)とか、その他諸々。今日は30分程作業をして、CT102電源モジュールとスイッチングアダプターを底板へ取り付けた。もう1、2箇所穴あけ作業が残っているが、これからは配線作業がメインとなる。

| | コメント (0)

2008年3月25日 (火)

ぬしさまへ

じゃばけの面白さにつられて、今度は「ぬしさまへ」。今日はあまり時間がなかったので、明日からじっくり読むつもり。明日は名古屋へ出張があるので、短時間ながら電車に揺られながら楽しもうか。

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

今日はここまで

昨日今日と時間が少し取れたので、気合を入れてCT100プロジェクトを進めた。背面のアルミ板はCT102側の1箇所(CT100側への電源供給ケーブル用の穴)を残すのみ。もう少し進めようと思ったが、部品がちょっと足りなかったので、今日はここまで。結構疲れた。あとはCT100モジュール、CT102モジュール、スイッチングアダプターの基板を底板に取り付けをし、配線して・・・・、うまく行けば音が出るはず。

Dact2

| | コメント (4)

2008年3月22日 (土)

アコースティック・ギター

間もなく中学2年生になる長男が、誕生日プレゼントでギターが欲しいそうな。中学入学祝いでもらったiPodで音楽を聴くようになって1年が経ち、次はギター。親として、ちょっと興奮して嬉しくなった。なぜかって?それは、30年ちょっと前の自分を思い出したからね。

中1で音楽を聴きはじめ、親にギターを買ってもらった。Morrisだった記憶がある。当時はサイモンとガーファンクルに憧れ、ポール・サイモンがGuildを愛用していたとどこかの記事で読んで、ピックガードをGuildの形のものに変更したりした。中学・高校はギターが心の友だった。そのギターも1997年に米国へ赴任する前後でどこかに行ってしまった。どこに行ったか全く記憶がないのだ。

で、またギターだ。長男が愛用してくれればと願う。その前にギター探しだ。何が良いかなあ。マーチン?ギブソン?ヤマハ?たくさんのメーカーがあるなあ。日本のヤイリなんてのもある。楽器屋に足を運んでみるか。

| | コメント (0)

2008年3月20日 (木)

ねんきん特別便

我が家にもやってきました、家内あてに。内容を見てみると・・・・。アレレ、社会人として働き出してから結婚するまでの記録がまったくないぞ。地元の社会保険事務所に問い合わせたら、昔の記録がすぐに出てきて、何とか照合ができた。ということで、3月一杯までに、5000万分の1件は判明。しかしまあ、社会保険庁の組織も職員もアホばかりか。本当に税金泥棒だ。

| | コメント (1)

2008年3月19日 (水)

箱が到着

本日CT100、CT102用の筐体が届いた。注文した先はマルツパーツ館という所。値段が安いのかどう分からないが、取扱い部品が豊富だし、部品の検索もスムーズに行えたし、クレジットカードも使えたためだ。タカチのサイトに記載されているネット販売店の中で、唯一マルツパーツ館だけが「タカチ OS」で検索してお目当ての品を見つけることができたのだ。

他のパーツはオヤイデに注文。今週中には届きそうだ。これで必要部品は揃ったと思うのだが。。。。あっ、パイロットランプを忘れた。これ1品だけを注文するのは送料がもったいないので、どこかに出張の機会に調達してこよう。

といった感じで、なかなかスムーズにはCT100プロジェクトは進まないが、それでもゆっくりと、だが着実に進んでいる。いつ完成することやら。来週末に会社の同僚でオーディオにちょっと興味を持ち始めたヤツが遊びに来るので、それに間に合わせたいが、まずは不可能だ。

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

ゲゲゲの鬼太郎

一昨日久々のホームシアターでゲゲゲの鬼太郎(実写版のやつ)を観た。内容はくだらないし、多分駄作という評価もあるかもしれないが、結構面白かった。出演者が皆妖怪のキャラクターにぴったりだし。お気楽映画って面白い。

昨日CT100プロジェクト用のパーツを注文した。物が届いたら、筐体の工作を始めていくかな。(クッキーの空き箱でちょっと練習だ。)

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

やっと箱を注文

その後なかなか進まないCT100プロジェクトであるが、CT100とCT102を入れる箱をやっと注文した。大天使心得さんお勧めのタカチ製で、OSシリーズ。CT100用とCT102用は同じサイズにした。端子類等のパーツは大体リストアップできたので、追々注文していこう。

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい

昨日本屋さんでふとタイトルが目に留まった。今、音楽も聴かず、少しずつ読んでいる。

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

Jasper

先週のオフ会で聴いた木村カエラのJasper。Kさんが持ってきたものだ。この曲は次男が好きで、よく口ずさんでいるので、レンタルしてきた。こういった曲はiPodとか、ミニコンポで聴くと良い感じだろうな。

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

しゃばけ

まだすべて読んでいない(現在半分くらい)が、どんどん話しにはまり込んでいく。奇妙な世界。終盤どうなっていくか楽しみだ。日本ファンタジーノベル大賞受賞とのこと。

| | コメント (0)

2008年3月11日 (火)

すごい「英単語手帳」

最近定期的に購入しているオーディオ雑誌といえば唯一Audio Basicだけ。ということで、昨日本屋さんに立ち寄ってAudio Basicと一緒に購入した英単語手帳。シンプルな構成で面白そうだ。

toku1209さん、リアスピーカーに、Audio Basicの本号に掲載されているMonitor AudioのRadius 90なんかどうですか?

| | コメント (0)

2008年3月10日 (月)

クロック

先週の土曜日に大天使心得さん宅でオフ会があった。クロックの効能はすさまじい。大天使心得さんが今まで築き上げてきた高いレベルを、さらに1段も2段も改善している。良い音、良い音楽を聴かせていただいた。我がLinn Unidiskにはクロックの注入ができないので残念。

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

遅々として進まず

その後遅々として進んでいないCT100プロジェクトであるが、大天使心得さんから実績に裏付けられた貴重なノウハウや重要な助言をいただき、今後の進め方が明確になってきた。やはり課題は筐体の加工である。大天使心得さんのお勧めのタカチ製にする予定であるが、穴あけ加工等の工具・ツールがないので、まずはそれから手配しなければならない。

明日は大天使心得さん宅にまたお邪魔して、音楽を堪能しよう。

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

日本人の遺書

どんな思いでこの言葉を遺したのか。この言葉にたどり着くまでに生きてきた重みは計り知れず。遺した言葉は生の証。辛い、辛すぎる。

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

サウンドラボ

少し前の話だが、TAOC製品に関連する某企業のラボにお邪魔する機会があった。といっても30分程の短時間であったが、有意義な体験であった。聴かせていただいた曲もほんの2、3曲であったが、高域から低域までバランスよく整えられており、変な癖はなく、とても聴きやすいという印象であった。その中で聴かせていただいた1曲にpropriusのCANTATE DOMINOからJulsangがあった。あのオルガンの重低音がうまく調教され、且つ明瞭に鳴っていた。

| | コメント (7)

2008年3月 1日 (土)

至福のクラシック

昨日は大天使心得さんのお宅にお邪魔してきた。日中はセミナーに参加していたので、夜の訪問になってしまった。CT100プロジェクトを進めるにあたって、大天使心得さんのノウハウを現物を見ながら教えていただいた。感謝である。少し見通しが立って自信がついてきた感じだ。本当に感謝である。

で、一個人をぺらぺらとめくりながらクラシックを楽しんでいる。今聴いているのはもう廃盤なのかな、クイケン四重奏団のハイドンだ。(1995年リリース)

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »