« アコースティック・ギター | トップページ | ぬしさまへ »

2008年3月23日 (日)

今日はここまで

昨日今日と時間が少し取れたので、気合を入れてCT100プロジェクトを進めた。背面のアルミ板はCT102側の1箇所(CT100側への電源供給ケーブル用の穴)を残すのみ。もう少し進めようと思ったが、部品がちょっと足りなかったので、今日はここまで。結構疲れた。あとはCT100モジュール、CT102モジュール、スイッチングアダプターの基板を底板に取り付けをし、配線して・・・・、うまく行けば音が出るはず。

Dact2

|

« アコースティック・ギター | トップページ | ぬしさまへ »

コメント

おお、すばらしいですね。
XLR端子を駆使した電源入出力、バランスアウト、良いですね。

あと気をつけるべきは
1.スイッチングモジュールはノイズ源なので、CT-102との間にシールド板を立て、モジュールを電磁波吸収テープがゲルシートで覆ってやるのがベターです。
2.底板は2mm厚で振動がモロに基板に来ますので、そのあたりをどう対策するか?金属板を挟み込んでCT-100をネジ止めする方法もありますし、高さは余裕があるようですからタカチの内部シャーシ&補強材を組み込むなど、いろいろ考えられます。
ちなみに内部シャーシを余分に買ってカットしてシールド盤に使えば、サイズも厚みも非常によいですね。

まあ、音出ししてからでも出来ますけれども。(笑)

投稿: 大天使心得 | 2008年3月23日 (日) 16時35分

大天使心得さんのアドバイスで、やっとここまで来ました。ありがとうございました。
1.スイッチングモジュールの対策は電磁波吸収素材を手に入れて、早速やってみようと思います。
2.CT100はスペーサーで10ミリ程浮かしていますが、底板に直付けでしたね。振動対策は追々やっていこうと思っています。
また、アドバイスお願いします。

投稿: still_crazy | 2008年3月23日 (日) 20時36分

凄いですね。
そのうち実物を拝見しに伺わせてくださいね。

投稿: toku1209 | 2008年3月23日 (日) 21時48分

遠目ではOKですが、近くから見るとあらばっかりです。

投稿: still_crazy | 2008年3月24日 (月) 05時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アコースティック・ギター | トップページ | ぬしさまへ »