« シャコンヌの情景~ヴィオラによる300年の回顧 | トップページ | 白い杖のひとり旅―ニュージーランド手探り紀行 »

2008年9月21日 (日)

寺神戸亮のバッハ Violoncello da Spalla

オーディオ仲間の雑誌への登場などアクティブな活躍に刺激を受け、またまた音楽を聴きたくなった。今聴いているのは、同じく名古屋のタワーレコードで手に入れた1枚。

なるほど、チェロとビオラの中間って感じだ。この盤はハイブリッドなので、SACDマルチで聴いてみようとかけた所、左後方から雑音が・・・・・・。サランネットを外してみると、悲しいかな、スピーカーユニットのセンター部分が無惨に凹んでいる。リアスピーカーはFOSTEXの限定品MG850を使用した自作ものであるが、MG850はもう在庫はないし、どうしたものか思案中。取りあえず、セロテープを使って、慎重かつ大胆にセンター部分を修復してみたが、元通りには復元できなかった。まあ、雑音は何とか減った。音の包まれ感はあるが、フロントとリアの繋がりに少し違和感があり。まあいっか。

|

« シャコンヌの情景~ヴィオラによる300年の回顧 | トップページ | 白い杖のひとり旅―ニュージーランド手探り紀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャコンヌの情景~ヴィオラによる300年の回顧 | トップページ | 白い杖のひとり旅―ニュージーランド手探り紀行 »