« ArkivMusicからすべて到着 | トップページ | 電子部品等々 »

2008年11月15日 (土)

最近のオーディオの動き

最近の私的な動きをつらつらと。

以前Blogで書いたが、EAR834Pは結局新しいオーナーへ旅立って行き、若干ラックがすっきりした。同時期に放出を考えていたAX-V8000は取りやめ。というのは、UnidiskとAX-V8000の間は、光デジタルケーブルでの接続とSACDマルチのリア用のRCAアナログ接続をしているのだが、映画DVD等のサラウンド再生をする際、光デジタルケーブルでは、リアも含めて全チャンネル再生されるので問題ない。しかし、RCAアナログ接続でのリアチャンネルからは音が出ない。そういうものなのか、どこか設定が間違っているのか、よく分からず。で、AX-V8000を手放すと、映画DVDのリアチャンネルが再生されなくなってしまうので、放出は取りあえず中止。アナログ出力でリアチャンネルも再生されれば、放出したいと思っているが。(SACDマルチのリアは問題なく再生できるのだが。)

FF400の電源強化。ファイティングオーディオさんや役に立たないオーディオ歳時記さんを参考に、PHIHONGのスイッチング電源を注文した。電気や回路は全くの無知なので、PHIHONGが到着したら、大いに悩もう。もちろん改造もしなくては。

ザ・キット屋のSV-192Sを取りあえず注文した。発売開始当日にオーダーしたのだが、ほんのちょっと乗り遅れたので、年末ロットには間に合わず、2月下旬ロットになってしまった。2月まで今の物欲が続くか全く分からない。気持ちが冷めてしまったら、即キャンセルしよう。と言うわけで、「取りあえず」なのだ。

|

« ArkivMusicからすべて到着 | トップページ | 電子部品等々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ArkivMusicからすべて到着 | トップページ | 電子部品等々 »