« 音楽の振り返り | トップページ | オーディオの振り返り »

2008年12月29日 (月)

Glenn GouldのGoldberg

jillartさん、そうそう、Goldbergといったら、Gouldですね。いく種類か持っていて、55年のものは自分にとっては衝撃的な演奏なので刺激が強すぎ、やはり円熟さを増した少しスローテンポな81年の演奏が好みです。CDよりもSACD版の方をよく聴きます。でも、CDやSACDよりも、やはり映像の威力には敵わず、DVD版を観ると本当にGouldの演奏に引き込まれます。

|

« 音楽の振り返り | トップページ | オーディオの振り返り »

コメント

音だけでこれだけ鷲掴みにされてしまいますから、映像付きは恐くて見れそうもありません。(^^;
SACD版は音良いですか?
Bluespecd版結構良い音なので、買って良かったです。
(2ch DSDマスター版は持っていないので比較できません。)

投稿: jillart | 2008年12月29日 (月) 22時11分

SACDは、おまじないのようなものです。このBlu-spec CDの技術は良さそうですね。

投稿: still_crazy | 2008年12月30日 (火) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽の振り返り | トップページ | オーディオの振り返り »