« 「痴呆老人」は何を見ているか | トップページ | Glenn GouldのGoldberg »

2008年12月29日 (月)

音楽の振り返り

何度か書いているが、今年は(も)なかなか音楽を聴く時間がなかったねえ。まあ、普段聴く音楽は、ほとんどがクラシックで、特にバッハが多い。コンスタントに聴いているのは、これだ。 バッハのゴルドベルグはHantaiが基準となっていて、これ以上のヘビーローテーションに出会っていない。

511648_2

-

-

-

女性ボーカルでは、波多野睦美とバルトリ。特にバルトリのCASTA DIVAは大好きだ。

Bartoli_2 Hatano

-

-

-

JPOPでは絢香の1曲と宇多田ひかるだけ。

勿論、これらの他にも愛聴盤は多くあるが、なかなか新譜で良い出会いがない。考えてみると、音楽を聴いて鳥肌が立つほど衝撃を受けることが少なくなってきた。オーディオ的に優れた録音と評されたものは確かに音は良いのだが、ただそれだけの場合が多く、何度も聴いてみようとは思わない。

来年こそはもっと感動できる音楽に出会いたい。コンサートにも行かねば。

|

« 「痴呆老人」は何を見ているか | トップページ | Glenn GouldのGoldberg »

コメント

グールドのGoldberg、bluespec版が届きましたが、久々に鳥肌が立ちました。
これ、1981年録音のアナログマスターから起こした2002年DSDマスター版と同じなので、そちらをお持ちでしたら十分だと思います。Hantaiのものは聴いたことがありません。よさそうですね、さっそく注文します~。

投稿: jillart | 2008年12月29日 (月) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「痴呆老人」は何を見ているか | トップページ | Glenn GouldのGoldberg »