« 千葉県東金市の事件 | トップページ | Plitron到着 »

2008年12月 9日 (火)

修理に出せないジレンマ

1年前に購入したパナソニックのブルーレイディスク・レコーダーDMR-BW800に不具合発生。最近はブルーレイディスクのソフトが増えてきて、これからBDを楽しんで行こうなんて思っていた矢先に、なんと肝心のブルーレイディスクの再生トラブルである。ディスクを入れて「読み込み中」の表示が出るが、そこでフリーズしてしまい、先に進まないのだ。(DVDビデオやCDの再生、ハードディスクでの録画機能は問題なし)

昨日やっと大天使心得さん推薦のDIVERTIMENTIが届いたし、先日もオペラやバレーのダイジェスト盤を購入したばっかりなのに、一度も見ることができない。

で、そのタイトルの「修理が出せないジレンマ」というのは・・・・・、

早速購入したエイデンに修理の依頼に行ったのだが、修理に少なくとも3週間、今受け付けると年を越すと言われてしまったのだ。子供達はテレビの録画再生を楽しみにしているので、3週間や1ヶ月も空けるわけにはいかない。というわけで、取りあえず、レコーダーを持ち帰ってきたというわけだ。

で、どうしようか考えているが、案として、中古のDVDレコーダーを入手して、BW800を修理に出すか、プルーレイを諦めるか、或いはブルーレイドライブ搭載のパソコンでも自作するか?(PCオーディオ用としてもグレードアップだ) 今パソコンを自作するとして、どんなスペックがベストなんだろう。

ということで、久しぶりにパソコン雑誌を買ってきた。併せてAudio Basicも。で、Core i7って何?静音パソコンなんてできるの? 因みに我が家のCPUはPentium4である。

|

« 千葉県東金市の事件 | トップページ | Plitron到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉県東金市の事件 | トップページ | Plitron到着 »