« iQ | トップページ | 修理に出せないジレンマ »

2008年12月 8日 (月)

千葉県東金市の事件

こういった事件はとても心が痛む。被害者とその家族には、どう言葉掛けしたらよいか、本当に言葉を失う。お子さんは恐怖と絶望感を味わっただろうし、遺された家族はその苦悩と喪失感を一生背負って生きていかねばならない。

もう一つの不幸は加害者の被告だ。してしまった(であろう)事は絶対許されることではないが、ただ、養護学校を卒業したようで、知的障害があるとのこと。軽率には意見できないが、彼がしたことと、したかったこと、したくなかったこと、しなかったことが、自分の意志として、本当に結びついていたのだろうか。彼の脳と感情と行動が本当に一致していたのだろうか。

彼について、検察、警察、マスコミ、裁判官、弁護士、(今後の裁判員)、近所の人々や関係者が本当に理解してくれるのだろか。

で、こんな本を読み始めようと思う。これ以上不幸が大きくならないことを祈るばかりだ。

|

« iQ | トップページ | 修理に出せないジレンマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iQ | トップページ | 修理に出せないジレンマ »