« Plitronの唸り対策 その後 | トップページ | なぜ弁護士はウラを即座に見抜けるのか? »

2009年1月27日 (火)

Plitron その後

悩ましいPlitronの唸り。取りあえずPlitron to Plitronをやめて、1KVAのものに2個口の電源タップを接続してみた。Model201用なので120Vへ昇圧しようかどうか悩んだが、1次側の配線をやり直す必要があるので、取りあえず今回は120V to 115Vとしてみた。念のため、そこで電圧を計ってみると、何と105.3Vもある。壁コンを計ると104.7V。以前昇圧した際に125.5Vとなったことに納得だ。ということで、昇圧せずに使おうと思う。

で、その唸りは相変わらずだが、しばらく様子見。

もう一つの100VAのものは、コンセントとボックスが手元にないので、折を見て手配して製作し、SynergyIIiとUnidiskを分離しよう。

ということで、昨日名古屋出張の際に手に入れたJulia Fischerに耳を傾けている。

|

« Plitronの唸り対策 その後 | トップページ | なぜ弁護士はウラを即座に見抜けるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Plitronの唸り対策 その後 | トップページ | なぜ弁護士はウラを即座に見抜けるのか? »