« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

ザ・キット屋訪問

と言うことで、昨日はザ・キット屋のショールームを訪問。ちょうど2009年2月26日付「店主日記」で紹介しているオートグラフMIDが鎮座し、主にSV-20Dをプリ、SV-91Bをパワーにして試聴。実に暖かく、耳に心地よい。MIDはまだ搬入したてなので、これからもっと味が出てくるだろう。まあ、我が家ではMIDは巨大すぎるので導入できないが、ザ・キット屋のもう一つのメインスピーカーであるタンノイのStirlingの佇まいがよろしい。(次に導入するスピーカーはStirlingかも知れない。)

と言うことであるが、実は、約2時間の滞在の内のほとんどは、大橋さんと四方山話で花が咲き、オートグラフMIDは完全にBGM化していた。あんな話やこんな話で盛り上がり、実に有意義な訪問であった。

因みに、試聴に持っていったCDはいつものHantaiのバッハ波多野睦美の夜の歌等々。大橋さんも気に入っていただけたようだ。

| | コメント (0)

2009年2月26日 (木)

SV-192S 第一印象

と言うことで、予定通りSV-192Sが届いたので、まずは第一印象から。

外観。ポイントの一つはVUメータ。うまくアクセントになっているが、今では余り見かけないような・・・・。VUメータと言えば、エアーチェックに明け暮れていた30年程前に使っていたカセットデッキ以来だ。そのデッキは、記憶ではソニー製。型式は失念。当時本当はNakamichiに憧れていたが、高嶺の花で買えなかった。

それと、小窓からちらっと見える真空管の姿は、ザ・キット屋のこだわりか。電源を入れると、ほのかに輝くオレンジが嬉しい。

スイッチ類もザ・キット屋らしい素朴さだ。ただ、ブルーのLEDがちょっと明るすぎる。

サイズ。もう少し小振りかと思ったが、ちょっと大きい印象だ。というのも、我が家のシステムはJeff RowlandのSynergy、LinnのUnidiskといったコンパクトな筐体が多いので、SV-192Sの存在感が増してしまう。

重さ。これも想像していた以上に重い感じ。もちろん普通の重量級オーディオ機器からすれば軽いのだが、Linn Unidiskの詐欺的軽さから比較してしまうと重く感じられる。

全体的には満足である。

で、スペースが少ないので、SV-192Sの置き場所に悩んだ。取りあえず、今回は写真のように設置したのだが、PlextorのPremiumIIの置き場所がなくなってしまった。改めてセッティングを考えねば。週末色々と遊んでみよう。

System090225

| | コメント (2)

2009年2月23日 (月)

ザ・キット屋ウィーク

と言うことで、今週は愛知県刈谷市にある株式会社サンバレーが運営するザ・キット屋に関連する話題が多くなりそうだ。

まずは、昨年11月中旬に発売されたものの、ほんの1、2時間程のアクションの遅れ(夜、風呂に入ってから注文ボタンを押せばいいやと思って、のんびりしていた。)により、初回生産ロットをミスったDD/DAコンバータ、SV-192Sがやっとのことで手に入ることになった。明日配達の連絡あり。

このDAコンバータが我がシステムにどのような影響を与えるか期待しよう。まあ、明日到着しても、接続は今週末になりそうだがね。

また、今週そのザ・キット屋のショールームを初めてお邪魔することにした。その店主日記をほぼ毎日読んでいるが、今回の試聴で、その日記の内容と実際のサウンドがうまくシンクロできそうだ。

| | コメント (0)

2009年2月22日 (日)

まじめの崩壊

シゾフレ人間。メランコ人間。そうか、日本人は「まじめさ」がなくなってきたのか。なんとなく、そんな気はしていたのだが、改めてこの本を読むと納得してしまう。「まじめさ」は大事なんだよね。まじめの崩壊。

| | コメント (0)

2009年2月21日 (土)

螺鈿迷宮

今これを読んでいる。チームバチスタ的なハチャメチャさはないが、こちらも色々なキャラクターが出てきて、グイグイ引き込まれる。テーマは終末期医療だ。

| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

ちょこっと散財

ということで、今週チョコチョコっと小金を使っている。

まずはワオンレコードから限定発売されている高音質サンプラー。これは、買おう買おうって思っていたのだが、1stロット限定品を買い損ねので、諦めていた。がしかし、昨日改めてワオンレコードのホームページを見たら、何と3rdロットまで拡販(と言っても絶対数はごく少数)され、且つこのロットで打ち止めとなっていたので、ここぞとばかりに、オーダーした。

次にケーブル。Yahooオークションで落札したベルデンの切り売り。(電源ケーブルかバランスケーブルに使用予定) 実は、少し前にオヤイデとかチクマの電源ケーブルを処分したので、現在はほとんどが機器付属の何の変哲もない黒い電源ケーブルになっている。またバランスケーブルも、銀だとか銀メッキだとか、全く統一感がなく、何が何だか分からないので、ここで一旦、一つのものに統一しようと思った次第だ。まずは基本に立ち返って、それから改めてステップアップしていきたいと思っている。

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

Maiden's Lament ENSEMBLE PLANETA

地元の行事があり、今日も(「は」じゃなからなあ)何も出来ずに終わってしまった。工作の「こ」の字も進んでいない。

で、やっと音楽を聴き始めた。今日の1枚はこれ。アンサンブル・プラネタの中で一番のお気に入り。全11曲すべて大好き。

| | コメント (0)

2009年2月14日 (土)

大決戦! 超ウルトラ8兄弟

久々のホームシアター。いつもながらの子供向け。ではあるが、このウルトラマンの映画は、もしかして中年向けかも。子供も大人も楽しめる。

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

ジェネラル・ルージュの凱旋

今日は久々に大阪に出張。hamondさんの所でコーヒーと音楽を堪能した。hamondさん、ありがとうございました。

で、今回の出張のお供がこの本。2作目がほんのちょっとトーンダウンした感じだったが、今回はぶっ飛びの面白さだ。

| | コメント (2)

2009年2月 9日 (月)

秋月電源工作開始

昨日は、性懲りもなく、短時間ながら工作モード。電源強化プロジェクトで、大天使心得さんお勧めの秋月の電源キットをやっと取り出し、基板へのハンダ付け作業を行った。

ハンダ付け。なぜかやる度に難しくなっていく感じがする。というか、ハンダの仕上げがイマイチ納得できないのだ。何十カ所もハンダ付けして、その中で上出来な箇所はほんの数カ所って感じだ。

Akitsuki2

| | コメント (4)

2009年2月 8日 (日)

いまどきのノートパソコン

ノートパソコンが欲しいなあ、なんて思っていて、エイデンに足を運んでみた。みんなVistaだってことは分かっていたが、ディスプレイがすべてテカテカの光沢で、蛍光灯の映り込みが激しすぎだ。見にくくて仕方がない。テカテカじゃない普通のものってないのかね? (まあ、今使っているFujitsu C70E7ってやつもディスプレイがテカテカなんだけどね。)

| | コメント (0)

2009年2月 7日 (土)

為せば?

今回の工作の失敗が切っ掛けとなり、PC_Audioさん繋がりでお知り合いに。tetsu_modさん、PC_Audioさん、本当にお世話になりっぱなしです。今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2009年2月 6日 (金)

工作 失敗続き

今週もあっと言う間に金曜日だ。忙しいような忙しくないような、落ち着かない毎日だ。こんな時間的・精神的に余裕のない時には工作すると失敗するの巻である。

PCオーディオ強化!と意気込んで、IEEE1394変換基板のクロックを、PC_Audioさんに譲っていただいた三田のものに交換しようと思ったのだが、不注意で三田の基板をショートさせてしまいお釈迦に。(涙)

実は、少し前にもPlitronをいじっていて、配線を確認したつもりでいた、それも2回も確認したにも拘わらず、ショート。ブレーカが飛んだだけで機器への影響はなかったが、PS AudioのACコンセントの接合部分が変形したのか、プラグが入らなくなってしまったヘマをしている。

電気関係は、慎重にも慎重を重ねて作業をせねばと反省しきりだ。

| | コメント (4)

2009年2月 1日 (日)

読めそうで読めない間違いやすい漢字

NHKのラジオに著者の出口宗和氏が出演されていて、この本が気になっていたので、早速入手。最初のページから読めない漢字が続出。自分のバカさ加減に落ち込むが、とてもためになる1冊。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »