« わが国に経営判断原則は存在していたのか | トップページ | ブラックペアン1988 »

2009年3月11日 (水)

取りあえずラック変更完了

ここ数日、時間を見つけてはオーディオラックの変更作業をしてきた。

軽量でデザインの鬱陶しさがないQuadraspireから日本的まじめさが漂う個性のないTAOCへの変更である。どこにどの機器を収めようか思案した結果、取りあえず写真のように落ち着いた。写真に写っていないが、メインからサブに降格したQuadraspireは左側のスピーカー後方の部屋の隅に移動させ、そこにJeff Rowland Model201をセッティングした。全ての配線は完了していないが、Linn Unidisk1.1によるCD再生だけは出来るようにしたので、早速試聴。

熱くないのっぺりした音。まあ最初はそんなものだろう。ラックの変更による影響よりも、実は、Quadraspireを左スピーカーの後方に移動させた際に、そのアクセスを良くするためにスピーカー自体を少しだけ移動させたことが原因だろうか。これから、じっくりのんびりとポイントを探っていくとするか。

で、今抱えているペンディング事項。中途半端になっているリニア電源製作を完了させること。切り売りケーブルを少し調達したので、電源ケーブルとかインターコネクトケーブルを製作すること。SV-192Sの良さを引き出すこと。そんな感じだ。

20090311

|

« わが国に経営判断原則は存在していたのか | トップページ | ブラックペアン1988 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが国に経営判断原則は存在していたのか | トップページ | ブラックペアン1988 »