« 浜松市楽器博物館 | トップページ | 鑑真和上坐像 »

2009年4月14日 (火)

ノイボックスの電源

秋月電子の電源キットを使用した安定化電源プロジェクトがその後手つかずのまま。我ながら情けない。なぜこんなにのんびりしているのだろうと自分なりに分析して見ると、それがなくても、取りあえず音楽は聴ける環境だということだと思ったりみたりする。

そんな中、SACDマルチ用のアナログ・ダウンミックス用のノイボックスの電池が消耗していて、現在マルチが聴けない状態となっている。勿論単3電池を16本買ってきて入れ替えれば済むことなのだが、こういうきっかけが「何か作りたい虫」を動かし始めている感じだ。

そこで、以前手に入れたこの本を読み返してみると、ありました。+12V、-12Vの2電源回路である。電気回路的・工作難易度的に考えてみても、手を出せる範疇なのだ。この期に、ノイボックス部分と電源部分を一体化したワンボックスにしようと思っている。間もなくゴールデンウィークなので。

と言いながら、いつものように口だけになるかも。自信なし。

|

« 浜松市楽器博物館 | トップページ | 鑑真和上坐像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜松市楽器博物館 | トップページ | 鑑真和上坐像 »