« 裁かれた罪 裁けなかった「こころ」―17歳の自閉症裁判 | トップページ | kanji no kanji »

2009年11月30日 (月)

PCオーディオ再開

実に久しぶりにPCオーディオで音楽を聴いている。今まで、富士通のデスクトップ(Windows XP)では、たまに音が瞬間途切れて興ざめしてしまったのだが、今回はLet's noteのCF-T5(Windows7)を使い、PremiumII(or HDD)→CF-T5(with Ratoc REX-CFW3Hカード)→FF400→プリ→パワー→D-10改という流れ。再生ソフトは取りあえずWindows Media PlayerあるいはiTune。音切れなく、すこぶる快調である。CF-T5が良いのか、D-10改が良いのか、ストレスなく鳴ってくれる。

但し、ちょっと設定でつまづいているのが、「コントロールパネル」の「ハードウェアとサウンド」の「オーディオデバイスの管理」の「再生」をみてみると、FF400のAnalog(1+2)がなぜか表示されないため、FF400の1と2の端子から音が出ず、表示されているAnalog(3+4)を規定のデバイスにして、FF400の3と4の端子を繋いで音を出している。「録音」ではAnalog(1+2)~(7+8)まですべて表示されるのだが・・・・・。よう分からん。

|

« 裁かれた罪 裁けなかった「こころ」―17歳の自閉症裁判 | トップページ | kanji no kanji »

コメント

これは僕も最初悩みましたが、アナログ1+2は一番上のスピーカーっていうやつなです。そのままストレートに表示してくれれば悩まないのですが、Windows7はよけいなお世話って感じの表示なんです。

投稿: おろち | 2009年12月 1日 (火) 14時33分

Windows Vista以降、ポートの先につながれている機器を把握できるようになったので、それを前提として構成されていますが、音声についてはかなり複雑な構造なので、まとまった解説は出ていないようです。トータルとしては安定性も含めて向上しているんですが、表示は細かすぎて分かりにくいですね。
おまけにまだバグが消えていないようで、こういうでかい汎用システムはUbuntuのようにコマンドで整理というわけにもいかず、厄介です。
ただ7は全体のパフォーマンスはいいと思いますし、ソフトウェアがASIO対応ならここは見る必要ありません。

投稿: 大天使心得 | 2009年12月 1日 (火) 18時18分

諸先輩方、アドバイスありがとうございます。なるほど、色々と複雑ですね。Vistaを経験せず、XPからいきなり7ですので、何かと戸惑っていますが、取りあえず音楽が聴ければよしとして、ボチボチ勉強していきます。
今までのXP搭載の富士通デスクトップよりCF-T5の方が断然音はよく、且つ安定していますので、とても気に入っています。

投稿: still_crazy | 2009年12月 1日 (火) 20時39分

Windows7 が 32bit という前提ではありますが、最新の iTune では WASAPI 経由で音が出せます。 
該当しているようでしたら、お試しを!

投稿: PC_Audio | 2009年12月 2日 (水) 03時03分

PC_Audioさん、コメントありがとうございます。7は32bitですので、試してみます。

投稿: still_crazy | 2009年12月 2日 (水) 05時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裁かれた罪 裁けなかった「こころ」―17歳の自閉症裁判 | トップページ | kanji no kanji »