« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

大晦日

ということで、気がつけばもう大晦日だ。

昨日はザ・キット屋に注文していたkit LS3/5aとエレキットのTU-8300が夕方届き、波多野睦美の「夜の歌」を聴きながら、ライアル・ワトソンの「思考する豚」を読み始めた。

冬休みも半分終わったが、LS3/5aとTU-8300を製作する時間は取れるか自信なし。少なくともLS3/5aくらいは開封したいものだ。(ビートルズのMONOとSTEREOボックスは、未だに未開封なので。)

ライアル・ワトソンの「エレファントム」もそうだったが、この「思考する豚」も福岡伸一の訳が良い。翻訳本はどこか変な日本語になっている場合が多いが、これらの日本語訳はとても自然で、とても読み易く、内容も興味深い。

しかし、今年はオーディオや音楽に対する興味が低空飛行の年であった。その代わり、読書だけは相変わらずで、手当たり次第に読んだ。

今夜は防寒対策をばっちりして、夜通し神社で御篭もりだ。

それでは皆さん良いお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

パソコンにいらいら

このところパソコンの調子が悪く、またOSの再インストールが必要かなあと思っていたら、一昨日そのときが来てしまった。何気なくiTunesのアップデートを始めたのだが、途中でフリーズ。改めてアップデートを試みたのだがダメ。ということで、OSからの再インストールを決断した。(Canon MP640の無線LANができなかったし。)

OSや他のソフトも入れ直して最後にMP640を入れたのだが、どうも無線LANを認識しない。同じことを繰り返し、3回目にふとウィルスバスターが悪さをしているかな?と思い、ウィルスバスターをインストールする前にMP640を入れたら、すんなりと無線LANを認識した。やれやれ。(多分、何かのソフトをインストールする時には、ウィルスバスターは切っておいた方が良いだろうなと(勝手に)思ったので、今後はそうしよう。)

おろちさん、プリンターの無線LANは良いですね。プリンターって結構場所を取るので、置き場所の自由度が非常に高まります。

| | コメント (2)

2009年12月26日 (土)

アトリエの巨匠に会いに行く ダリ、ミロ、シャガール…

Amazonのカスタマーレビューと同意見。芸術好きならドキドキワクワクものだ。望むとすれば、写真を1枚でも多く掲載し、一人ひとりの文章ももっと長くなると大満足するのだが。新書のスペースではもったいない。

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

Canon PIXUS MP640

今日エイデンに行き、久しぶりにプリンターを購入。今まで使ってきたプリンターはCanonのi550(日本仕様は550i)で、7年位前に米国滞在中に購入したものだ。

で、今回手に入れたMP640、なんとコピーもできちゃうし、無線LANみたいだし、凄い高機能だ。これが最近のプリンターなのか!と驚いている。しかも本体の値段がとても安い!それに引き換え、昔からインクの値段は割高だなあ。明日には設定を終えて使ってみよう。

Amazonって、安いなあ。

| | コメント (1)

2009年12月24日 (木)

クリスマスイブにはマライア

サンバレー、ザ・キット屋に注文しているモニター・スピーカー kit LS3/5aの入荷が少し遅れているとの連絡が入ったが、年末には何とかなりそうとのこと。今回は入荷時期が近かったエレキットのTU-8300も一緒に発送してもらう段取りになっているので、今年の冬休みはオーディオ三昧かな?と淡い期待を持っているのだが、毎年のごとく、そうは問屋が卸さないだろうなあ。年末年始には祭総代として神社の行事があったりで、何かと用事が入っている。

で、今日はクリスマスイブ。明後日から会社は休みなのだが、明日休暇をもらったので、今日が仕事納め。クリスマスイブと言えば、マライアだ。

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

介護漫才

なるほど、介護「漫才」である。こんな介護であれば、介護する方も、される方も、見ている方も、幸せになれる気がする。

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

私が見た21の死刑判決

裁判傍聴記はよく読むのだが、未だ嘗て裁判を傍聴した経験はない。ましてや、死刑が言い渡される法廷場面など想像の域を出ない。本書を読んで、想像以上の凄まじい場面が展開される。死刑を言い渡される被告人の心内や被害者遺族の無念の叫びがとても痛く、胸に突き刺さる。

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

BACH Sei Solo a Violin senza Basso accompagnato

昨日、一昨日と2日続けて忘年会であったが、今日は久々に予定のない1日。で、Helene SchmittのバイオリンをBGMにのんびりと過ごしている。

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

TAKET-BATPURE 入手

ということで、先週金曜日に久しぶりに東京出張。東京駅のあの人込みに圧倒され、行くだけでヘトヘトだ。あんなに多くの人が生息できるとは田舎者には信じ難い。

で、帰り際にちょっとだけ秋葉原に立ち寄った時には、体力というより気力が尽きかけ、更に雨だったので、お目当てのものだけを入手。toku1209さんお勧めBATPUREである。kit LS3/5aかD-10改のどちらかに使ってみようと思っている。

しかしまあ、秋葉原的マニアックさ?漂うlocal mail orderへ続く急な階段。話をしてよいのかしてはいけないのか、よく分からない、無愛想というのか、無表情すぎる店員の若者。いやあ、ディープな世界というのか、それが常識なのか。

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

鉄の骨 読了

いやあ、実に面白かった。最初から最後まで、わくわくドキドキしながら池井戸潤の「談合」の世界を堪能した。

| | コメント (0)

2009年12月12日 (土)

kit LS3/5a driven by TU-8300

一昨日、サンバレー ザ・キット屋にお邪魔して、注文中のkit LS3/5aを聴かせてもらった。一聴して、「もうこれで十分じゃないか」と思ってしまった。もちろん重低音は望めないが、適度に重心は低く、上手にニュアンスを伝えてくれる。TU-8300との相性も良い。ザ・キット屋でのサウンドをリファレンスとして記憶し、我が家での目標とするかな。

で、関係ないが、現在使用中のD-10改のスピーカーのユニットにカバーを取り付けた。(サランネットを製作しようと思ったが方針変更?) でも多分失敗かも。カバーがキンキン響きそうだ。

Cover1_2 Cover2

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

鉄の骨

いつもは読了後にBlogにアップするのだが、はまりそうな面白い小説を読み始めたので、勇み足ながら少し触れる。

池井戸潤といえば、以前紹介した「空飛ぶタイヤ」であのリコール隠しを取り上げていたが、今回は「談合」。「空飛ぶタイヤ」よろしく、こちらも読者を惹きつけてはなさない。「空飛ぶタイヤ」は三菱のリコール隠し事件そのものだったが、今回の小説はどの談合事件が元になっているのだろうか。談合事件は忘れた頃にポツポツとニュースになるからなあ。

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

TU-8300 "TU-LAB"

ということで、イーケイジャパン創立15周年記念モデルTU-8300を、「限!定!生!産!」というイーケイジャパン営業部?の販売戦略にまんまと(旨旨と)はまり、物欲が抑えきれずに、衝動的にポチッとしてしまった。

300B以外の数種類の真空管の差し替えやアウトプットトランスの変更等々、色々と改造ができるとのこと。まあ、改造できるだけのノウハウを持ち合わせていないので、すぐに何かをするということはないが、今後のお楽しみだ。

モノは今月下旬に手に入りそうなので、年末年始の長すぎる休暇の時間つぶしになりそうだ。製作には子供達にも手伝って貰おうかな。

| | コメント (1)

2009年12月 7日 (月)

医療のこと、もっと知ってほしい

この本を読んだら、佐久総合病院のある長野県佐久市に住みたくなった。

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

トリセツ・カラダ

チーム・バチスタの海堂尊による「身体の取説」。確かに自分の身体のこと、全然知らないよなあ。どこに何があって何をしているのか。子供から大人まで楽しめる、ためになる一冊。

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

六本指のゴルトベルク

いやはや、とても手強い本である。クラシック音楽の世界と小説の絶妙な融合。語られている内容はとてもディープで、両方に精通した本当のマニアじゃないと話についていけない。自分も例外ではなく、殆どちんぷんかんぷん、って感じだ。それでも、最後まで飽きさせず、引き込まれていくのは、語り口が面白く、著者は本当にピアニストなの?と疑ってしまう。この本からどんどん世界が広がっていく。お勧め。

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

kanji no kanji

「感じの漢字」。

描かれている文字が今にも踊り出しそうだ。その文字と成り立ちの解説の妙。

「漢字の感じ」。

お勧め。

今日から12月。今年も残り1ヶ月だ。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »