« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

老人賭博

いやいや、こういうの大好き。馬鹿らしさ、哀愁。

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

PhaseTech HD-7A

ということで、PhaseTech HD-7Aである。A店長の所で聴いて決断した、というか、お邪魔する前から既に心の中では決断していたのだろう。取り合えず、写真のように箱から取り出したが、設置場所を考えなければならない。平日はほとんど何もできないので、多分、今週末に音出しだな。これでしばらく遊べそうだ。(ビートルズのUSBもまだ聴いていないし。) それと、10MHzのルビジウム・マスタークロックをどこかで調達せねば。

Hd7a_2

で、メインPCも本格的に検討しなければならないので、これを購入してきた。「最強の自作プラン50」の中には自分の好みのものがあれば良いのだがね。

| | コメント (2)

2010年3月28日 (日)

今年の黄金堤

今日地元にある黄金堤へお花見。まだ5~7分咲きといったところか。春を味わう。

Kogane1003281 Kogane1003282 Kogane1003283

で、今日、巷で話題の新製品が我が家へ到着した。

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

この世は二人組ではできあがらない

ちょっと冷めた恋愛小説なのか、淡々とあまり起伏なく主人公の内面を描いている。

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

コロヨシ!!

昨日東京出張の折に、ほんの数十分だが秋葉原のA店長の所にお邪魔してきて、フェーズテックのHD-7Aを通した熱いサウンドを聴いてきた。

で、今回の出張のお供の1冊。「掃除」「スポーツ」「部活」「精神」「青春」・・・・・。何だろう、この小説は。「掃除」を見てみたい。だれか映画化してくれないかな。お勧め。

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

25歳の補習授業―学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと

読むべき読者はやはり25歳前後だろうなあ、と、50歳前後の自分はそう思いながら軽く読んだ。

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

終の住処

芥川賞受賞作品的というのか、物静かな言葉表現が冷めた虚しい自分の心を写す。

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

ヤッさん

もう、大満足。最初から最後まで「走るホームレス」にエールを送ってしまった。

| | コメント (0)

2010年3月14日 (日)

オーディオアクセサリー大試聴会in名古屋

昨日ちょうど名古屋の方へ行く予定があったので、ちょっとだけ「オーディオアクセサリー大試聴会in名古屋」に顔を出してきた。アクセサリー類はあまり良く分からないから、興味を引くものは正直なし。ただ、使われていたモニターオーディオのPlatinum(たぶんPL300)が朗々と鳴ってよい感であった。(部屋は何十畳もないといけないが。)

で、やっぱりアクセサリーだけの試聴会では寂しいし物足りないので、メイン機器と併せた会の方が良いと思う。

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

告白 贖罪 少女

以前「告白」を読んで、その作風にはまったが、そのシリーズ的な「贖罪」をちょっと前に読み終え、その後「少女」を読み終えた。「贖罪」はまさに「告白」の償いバージョンだ。話の展開が暗くて重くて、好き嫌いがはっきりしそうだ。「少女」は少し趣が違うが、根底は湊かなえの世界がぐるぐると回っている。

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

犬はいつも足元にいて

比較的短い小説で、すんなりとスラーっと読めたのだが、ただそれだけのような気がする。もっともっと一捻りも二捻りも欲しいのだが。

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

日本辺境論

日本人とは辺境人。正しいのかどうかは良く分からないが、日本人は外からどう見られているか、とても気にする人種だ。書かれている内容は、素直に読めば、納得できてしまう。内容が面白いので、一気読み。

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

MY DEAR MUSIC LOVERS

先日toku1209さんと一緒に出掛けたオーディオフェスタ・イン・ナゴヤの会場でアンケートに答えたら、抽選でこれが当たった。くじに当たるなんて滅多にないので、まあ小さな幸せだ。

Audiofesta

| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

地図のない道

コルシア書店の仲間たち」に続いての須賀敦子。変わらず、上品で丁寧でとても優しい文章にほっとする。ひらがな使いの妙が読者を緊張させないのだろうか。

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

気になるスピーカー達

現在はザ・キット屋のLS3/5aで満足しているが、次期メインスピーカー探しの火は心の底では燻っている。

で、今気になっているスピーカーは、

Audio Manufacture Boenicke Audio W10 何たる美しさ。

Acapella Fidelio II MK II Elac的か?

Living Voice Auditorium なぜかこれに惹かれる。

| | コメント (0)

わたしが一番きれいだったとき ~凜として生きるための言葉~

茨木のり子は我が町と縁があって、同級生が開業している病院ともとても深い縁があった詩人だ。大事に読まないとね。

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

生きながら火に焼かれて

そうか、この世の中にこんな残酷な世界があるのか。「人権」という言葉が虚しく響く。

| | コメント (0)

2010年3月 1日 (月)

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ

昨日toku1209さんと一緒にオーディオフェスタ・イン・ナゴヤに足を運んだ。物欲を刺激するような魅力的な製品に出会えないかと思ったのだが、どうなんだろう。東京でのオーディオショーと比較するとこじんまりとしていて、来場者も数少なく寂しい感じではあるが、音質に関しては、全体的にどのブースも素晴らしいサウンドを聴かせてくれ、好ましいものであった。

で、それぞれじっくり聴いたわけではなく、チョイ聴きだし、聴きたい製品が聴けなかったりと、ジャッジはうまくできないが、その中で、好みだったのが、タンノイのDefinition。チョイ聴きではあったが、いやな刺激がなく、曇りもなく良い感じであった。それと、これ単体でどうのこうのという聴き方ではなかったが、フェーズテックのHD-7A。toku1209さんはHD-7AとB&Wの805 diamondが気に入ったかな?

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »