« 日本辺境論 | トップページ | 告白 贖罪 少女 »

2010年3月12日 (金)

犬はいつも足元にいて

比較的短い小説で、すんなりとスラーっと読めたのだが、ただそれだけのような気がする。もっともっと一捻りも二捻りも欲しいのだが。

|

« 日本辺境論 | トップページ | 告白 贖罪 少女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本辺境論 | トップページ | 告白 贖罪 少女 »