« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月28日 (水)

マドンナ・ヴェルデ

バチスタで虜になって以降、新刊を楽しみにしていた。バチスタ的な娯楽性はないが、今回は(も)結構シリアスなテーマで、海堂ワールドに引き込まれた。

| | コメント (0)

2010年4月26日 (月)

片翼チャンピオン

実話を基にした物語。脳卒中。どん底から這い上がり、ささやかながら生きる喜びを見つける。

| | コメント (0)

2010年4月23日 (金)

ぬるーい地獄の歩き方

ぬるーい地獄かあ。確かにぬるーい地獄だ。メディカルアーティストなんて世界もあるとは。

| | コメント (0)

2010年4月22日 (木)

PCオ-ディオfan2

早速購入。いつも立ち寄る本屋は、Audio Basicも取り扱っていて、田舎ながらオーディオ物が多いのだが、このPCオーディオfan2は平積みながら、たった4冊のみ。隣のStereo Soundは10冊以上であの厚みの平積みだから、目立つ目立つ。PCオーディオfan2はすぐに売り切れちゃうのか、購読者が少ないかだ。

| | コメント (0)

2010年4月21日 (水)

自死という生き方 より ぼんやりの時間

死ぬ言い訳をずーっと聞かされている感じがしたので、3分の1くらいで放棄してしまった。

で、自分のライフスタイルというか価値観というか、こちらのほうが断然良い。ぼんやりしていたいのだ。

| | コメント (0)

2010年4月18日 (日)

ビートルズ USBをやっと聴く

2ヶ月近く前に購入したのだが、やっとこさ今日開封して楽しんだ。Fireface400+HD-7A+10MHzルビジウムで滑らかな?サウンド。今回はなぜか6年以上愛用している富士通のデスクトップ(XP)が快調で音切れがない。但し、ルビジウムはクッキーが入っていたスチール缶に納めたという仮の姿で常用できないので、追々ちゃんとしたアルミケースに入れる予定だ。kit LS3/5aも朗々と鳴ってくれる。

| | コメント (0)

2010年4月15日 (木)

男の背骨 サリンとおはぎ

昨日今日で読んだ2冊。全く関連性はないが、人の人生を描いている。

「男の背骨」。最初は男の「背中」と読み違いしそうだったが、確かに内容は背骨である。人生には確固たる芯が必要だ。

「サリンとおはぎ」。サリンとおはぎ、って何だろうと思いながら、山あり谷ありというか、すさまじい人生が描かれている。

| | コメント (0)

2010年4月13日 (火)

いのちの約束

この本で紹介されている先生はすごい名医だと思う。その卓越した技術とそれ以上の人間性。こんな先生もかけがえのない存在だし、スポットライトも浴びない無名の町医者もこの世の中には必要だし。

| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

やっと、PCオーディオの始まりかな?

今日少し時間ができたので、PhaseTechのHD-7AをセッティングしてUSB経由での再生、これも今日適当に製作したデジタルケーブルを介してHD-7AのクロックをFireface400に注入しての再生なんかを楽しんだ。再生ソフトは取りあえずfootbar2000。両方とも良い感じ。「一週間程度の通電により内部の電子部品を活性化させる必要がある」とのことなので、次の土・日曜日にどのように変化しているか、とても楽しみだ。

で、これとても良いです。お勧め。

| | コメント (0)

2010年4月 9日 (金)

カルテット!

もう話がベタすぎ。B級テレビを見ている感じで。まあそこが良いのだが。

| | コメント (0)

2010年4月 7日 (水)

Bach: 6 Solo Sonatas & Partitas VIKTORIA MULLOVA

毎度のようにゆっくりと音楽を聴く時間がないが、性懲りもなく、またバッハを購入。今週末に聴いてみよう。

で、先週末はPhaseTechのHD-7Aを設置しようと場所確保と簡単に考えていたが、ケーブル長不足とか何とかで、1日かかってレイアウト変更取りあえず完了。その時も音楽を聴く気力の時間も無くなってしまったので、これも今週末にお預けだ。でも全体的な見た目はほとんど変わっていない。気分一新とはいかなかったぜ。

それと、10MHzルビジウムも今週末には調達できそうなので、ひとつ工作の楽しみが増えた。

| | コメント (0)

2010年4月 5日 (月)

鷺と雪

今日読み始めたのだが、数ページで挫折。なぜなのか良く分からないが、どうしても乗れず、今回はパス。まあ、こんなこともあるさ。

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

やっと役なし

今日、地元の組の総会があり、これで2年間務めた祭総代の役を終えた。最近はずーっと何らかの役があったのだが、今年度は取りあえず役はひとつもなく、やっとフリーになりそうだ。が、何か回ってくるかもね。

| | コメント (0)

2010年4月 2日 (金)

奇蹟の画家

しまった。石井一男の作品を鑑賞した後に読むべきだった。みる前にこの本で心打たれてしまった。

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

JAZZ SACD 101

ということで、こんな本を読み始めた。A店長からサプライズ的にいただいたものだ。A店長さん、ありがとうございます。これを読むとJAZZが聴きたくなる。それもSACD盤でね。

で、これも先日お邪魔したときにお店にあったもの。久々のステレオサウンドだ。週末のスーパーで、卵1パック98円を必死に手に入れようとする庶民的な金銭感覚では、理解し難い世界だよなあ。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »