« 雑誌の付録について戯言 | トップページ | 考えない人 »

2010年6月25日 (金)

臨床真理

今日東京への日帰り出張。そのお供の1冊。前の席の背もたれの網にあるWedgeにしようかと思ったが、これにした。(Wedgeは自宅で読もうっと。) 物語の舞台やシチュエーションは個人的にとても辛いものがあるが、でも、さすが本屋大賞受賞作だ。内容のディープさ(これも個人的にやりきれないが)や話の展開は読者を引き込んでいく。

で、今日の富士山はぼんやり霞んでいた。

Fuji100625

|

« 雑誌の付録について戯言 | トップページ | 考えない人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑誌の付録について戯言 | トップページ | 考えない人 »