« 「生存者」と呼ばれる子どもたち 児童虐待を生き抜いて | トップページ | 日本人の知らない日本語 »

2010年6月15日 (火)

長岡京室内アンサンブルを聴きながら

8畳間という空間に複数セットのスピーカーをフロントに置くことは息苦しくなるので、Spendor S5eをフロントに、kit LS3/5aをリアに設置することにした。(自作のスピーカーとD-10改は片隅へ) 長岡京室内アンサンブルのSACD Multiを聴きながら、まあこんなものかとマルチサウンドを楽しんだ。因みに、マルチ用アンプは結局使い易いビクターのAX-V8000が活躍している。

Spendor S5eはもうちょっと高域の伸びが欲しいので、以前買ったTAKET-BATPUREを活用してみよう。(買ったことを完全に忘れていた。)

このCDにはサラウンド・バランス・テスト用音楽が収録されているので、マルチの確認に使える。

|

« 「生存者」と呼ばれる子どもたち 児童虐待を生き抜いて | トップページ | 日本人の知らない日本語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「生存者」と呼ばれる子どもたち 児童虐待を生き抜いて | トップページ | 日本人の知らない日本語 »