« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

普天間かおり 必要なんだよ

今日NHKのラジオを聞いていて、ふと聴き入ってしまった。心に突き刺さる。

| | コメント (0)

2010年7月30日 (金)

最後の証人

柚月裕子の2作品目。エンターテイメントとして、飽きもせず最後まで純粋に楽しめた。3作品目はいつだろうか。期待しちゃう。

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

デスクトップが逝きそう

愛用している富士通のデスクトップFMV Deskpower C70E7は、2003年の秋に購入したので、かれこれ7年になる。

2年?程前に熱暴走でいきなり動かなくなった時は焦ったが、その時の原因は埃が詰まり旨く冷却できなかったので掃除すれば元に戻った。 

で、今朝もいきなりCPUの冷却ファンが勢いよく回ったかと思ったら、電源が切れてしまった。またまた埃による熱暴走かと思って、中身を見てみたら、なんと、CPUクーラーが外れていた。よく見ると、そのクーラーを取り付ける金具の根元のプラスチック部分が割れていてしまっていて、どうしようもない。

応急処置として、(ケーブルやコードを買うとそれを束ねている)結束線があったので、それを使い、とりあえず、CPUとCPUクーラーが接触できるように縛って仮固定しただけ。何とかパソコンは起動できて、今このBlogを書いているが、いつまたCPUクーラーが外れるかもしれない恐怖は残ったままだ。

そろそろ買い替え時だな。でも、どのモデルを買えばよいか、no idea。どれも同じようなものだからね。前々から考えている自作も選択肢かな。

| | コメント (0)

2010年7月25日 (日)

おれのおばさん

この猛暑、酷暑の1週間。タイミングの悪いことに、我が家で1番大型のエアコンが壊れ、汗をかきながらの食事が続いたが、今日近所の電気屋に来てもらい、新しいエアコンを取り付けてもらった。エアコン様々だ。

で、以前、「牛を屠る」を読んで興味を持った佐川光春。2作目はこれだ。ストーリーの設定や展開がうまい。良い作品に出会えた。もっと佐川光春を読んでみよう。

| | コメント (0)

2010年7月23日 (金)

桐島、部活やめるってよ

今日大阪出張で、短時間だったがリボンケーブルの威力を加えたhamondサウンドを堪能できた。音の滑らかさ、自然な音の広がり等々、一段とグレードアップしていた。

で、出張のお供の1冊。Amazonでのカスタマーレビューはまちまちだが、粗削りながら、とても新鮮で、次の作品も期待してしまう。

| | コメント (0)

2010年7月22日 (木)

暑ーっ!

しっかし、暑い。

それだけ。

| | コメント (0)

2010年7月20日 (火)

夜行観覧車

またまた湊かなえを読んでしまった。今までの湊かなえ的独り言小説とは違い、普通の小説になっている。Amazonのカスタマーレビューでは様々な意見があるが、とても楽しめた。「告白」的衝撃度はないが、彼女の作品の中で一番好みだ。一気読みだし。

| | コメント (0)

2010年7月18日 (日)

Paul Simonはやっぱりこれ

昨日のSimon Before Garfunkelを聴き始めたら無性にStill crazy after all these yearsを聴きたくなった。1975年リリース。35年前だ。自分にとって、毎回、アルバムに収められた10曲すべて聴きとおす唯一のものかもしれない。今日も全曲聴いた。A面1曲目が流れ出すと、「ああ、聴き始めて良かった」と思うし、A面4曲目のSteve Gaddのドラムがカッコ良いし、B面1曲めはいつも音の出だしに驚くし、B面2曲目の終盤のハモりに感動し、B面5曲目最後のSilent Eyesを聴き終えると、またA面1曲目に戻りたくなる。Still Crazy.

Paulsimon_still

| | コメント (0)

2010年7月17日 (土)

Simon and Garfunkel やっと揃う

1972年にリリースされたS & GのGreatest Hits。1961年生まれの自分はこの時から彼らのファンになって、いまだにファンであるが、実は、当時購入したアルバムは、そのGreatest Hitsと、悩みに悩んで思い切って買ったBridge over Troubled Waterの2枚だけで、それ以前のものは、お金がなく、手に入れることができなかった。

(ごく最近Bookendsを手に入れたのだが)念願だった全シリーズ(Paul Simonのソロも)が本日揃った。今回はチマチマではなく、大人買い的に一気に購入。のんびり聴こうかね。

Sglps

| | コメント (0)

2010年7月14日 (水)

シブすぎ技術に男泣き!

確かに「シブすぎ」だ。ものづくりの世界をコミックエッセーという形で表現することに「シブすぎ」。

| | コメント (0)

2010年7月13日 (火)

マインドフレックス

新感覚の遊びが出てきた。Mindflex。将来性は未知数だが、でもこれって様々な面で応用と発展が期待できそうだがどうだろう。

| | コメント (0)

2010年7月11日 (日)

Nのために

また湊かなえを読んでしまった。やっぱり「湊かなえ」だった。

| | コメント (0)

2010年7月10日 (土)

aja LP or SACD それとも DVD?

ということで、ちょっとだけ聴き比べしてみた。アナログはCISCOの限定盤。CDはSACD盤。評論家のように見事な言葉は並べられないが、まあ一言でいえば、「ホットなアナログ、クールなSACD」といった感じ。あるいは「前にバンバン音が飛び出すアナログ、平面的なお行儀のよいSACD」とも言える。良い悪いということではなく、個性の違いだ。

レコードプレイヤー持ってて良かった。SACDプレイヤー持ってて良かった。

で、これってどう?Steve Gaddの超人的ドラム演奏が観れるのかな?

| | コメント (0)

2010年7月 8日 (木)

aja どうなんだろう

ちょっと聴いてみた。一聴してSACD的な美しいサウンド。レコードを持っていなければ、これ最高だろう。だが、なんか違うような。気が向けばアナログとこれを比較するかもしれないが、我が家ではアナログもCDも適当なセッティングなので、期待通りの純粋なアナログとSACDの比較ができる実力は全くない。

でも、よくもまあ、こんなジャケットを作ってくれたわ。見た目も使い勝手も最悪。

| | コメント (0)

2010年7月 4日 (日)

ぼくは8歳、エイズで死んでいくぼくの話を聞いて。―南アフリカの570万人のHIV感染者と140万のエイズ孤児たち

HIV、エイズ。すぐにその存在を忘れて生きてしまっているが、他人事ではない。この地球のどこにでも起こっていることだ。

| | コメント (0)

2010年7月 3日 (土)

命の授業

読み物として、著者と彼にかかわった人々の心の動きや繋がりをもっと深く詳細に書いて欲しいと思ったが、やはり講演会に行く必要があるのだろうか。

| | コメント (0)

2010年7月 2日 (金)

aja STEELY DAN

何だかなあと思いながら、やっぱり注文してしまった。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »