« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

帰る家のないどうぶつたち

我が家も30年ほど前に犬を飼っていて、ジュリーという名のマルチーズで、13年位生きた。ペットを飼うのなら最後まで看取る責任がある、というか、そこまで愛情がないやつは飼うな。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

いのちと家族の絆―がん家族のこころの風景

やっぱり幸せな最後を迎えたいなあ。まだまだ先は長いかもしれないが、ちょっと人生を反省し、感謝の気持ちを忘れないように。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

Paul Simon Greatest Hits, Etc.

当時久々の新曲であるSlip Slidin' Awayが発売になって、このアルバムは買わずにEPを手に入れ、何度も聴いた。今日聴いて懐かしいなあ。でも、ちょっとこのアルバムの盤質が良くないのでクリーニングせねば。

Paul_greatest

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

Hearts and Bones

何枚かPaul Simonの古いアルバムを手に入れたので、ひとりごとに続いてこれを聴いている。1983年リリース。当時、やっぱりStill Crazy After All These Yearsをなかなか超えられないなあ、なんて思っていた。Paul Simonのアルバムは1枚1枚違った味がある。このアルバムも味わい深い。Amazonのカスタマーレビューによると、このアルバムはあまり売れなかったのか。今聴くと、なかなか良いのだが。

Heartsandbones

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

神様のカルテ

しかし、医者って好みの小説を書くなあ。チームバチスタ然り、この夏川草介著「神様のカルテ」然り。文章の深みはないが、純粋に感情移入できる。

で、医者で作家で今年一番もの思いに耽させてくれた小説はこれだ。

1週間、引きずって引きずって、ボーっとしていた。

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

クマともりとひと―だれかに伝えたい、いまとても大切な話

東京出張のもう1冊。本当にとても大切なことが書かれている。ひとりでも多くの人に読んでもらいたい。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

さよなら、アルマ

今日は東京出張。そのお供の1冊。戦争のことも知らないし、ましてや軍用犬なんてのも知らなかった。心優しい文章で軍用犬と戦争の惨さを語っている。

で、今日の富士山。朝は靄がかかり薄っすらと見え、

Fuji100921am

夕方は静かだった。

Fuji100921pm

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

There Goes Rhymin' Simon

Paul Simonのファンになって、かれこれ40年になるのだが、実はこの「There Goes Rhymin' Simon」をアルバムとして聴いたことがなく、今聴いているのが初めてのことだ。

当時Paul Simon特集のFMで真夜中エアチェックしていたのだが、このアルバムの途中でラジカセのスイッチを切られてしまい、悔しい思いをした記憶が、このアルバムを聴いていて思い出された。

私の単なるひとりごと。

Paulsimonrhymin

| | コメント (2)

2010年9月15日 (水)

サイバーショット DSC-HX5V

今まで使ってきたデジカメが壊れ、修理代がなんと2万円近くということで、これを買った。写真も撮れて、ビデオも撮れて、なんかすごいぞ。

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

雑誌2冊

ということで、本屋さんに立ち寄り、手に入れてきた。

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

茜屋珈琲店 樽珈屋

神戸出張の最後のネタ。ポートピアホテルからの帰路、三宮駅近くの喫茶店、茜屋珈琲店に立ち寄った。クラシック音楽と共にコクのある珈琲を堪能。オーナー?曰く、少し多目(25g位)の豆を少し荒く挽いて、雑味の出ないように淹れているとのこと。続いて、樽珈屋でコーヒー豆を購入して、家路に着いた。

で、思うのだが、やはり珈琲は一にも二にも鮮度が命。通販で買う配達時間の1日や2日がもったいない。家の近くや勤め先(安城市)の近くで鮮度抜群の珈琲専門店を探さなくては。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

ブラック・ジャック・キッド

神戸出張のもう1冊。「ブラック・ジャック・キッド」久保寺健彦著。彼の作品では以前これを読んだ。このブラック・ジャック・キッドは日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作とのこと。ファンタジーかどうかよく分からないが、中年のおじさんが読むと、ちょっとセンチになる。良い作品。

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

ダリアの笑顔

昨日、今日と神戸に出張。神戸ポートピアホテルにて。

で、出張のお供の1冊。椰月美智子著。林真理子の「下流の宴」の家族と比べると、もう少し若い家族の物語で、その辺にいそうな家族って感じだ。これ、なかなかお勧めだ。

他にもう1冊持っていったので、改めて紹介する。それと、コーヒー豆も買ってきたので、それも近々紹介する。

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

こどもにやさしい病院 ─わたしはチャイルド・ライフ・スペシャリスト─

チャイルド・ライフ・スペシャリスト。興味深く読んだ。13の小さなエピソード。13の小さな命のエピソードだ。舞台はここ

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »