« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月30日 (水)

たぶらかし

小説すばる新人賞受賞作品。安田依央著「たぶらかし」。Amazonのカスタマーレビューは結構厳しいが、こういった設定、なるほどねえ、って感心する。ストーリーも面白く、こういう作品、大好きだ。KAGEROUちゃんも、この位のレベルの作品を書いてほしい。

| | コメント (0)

2011年3月28日 (月)

Bach & Reger : Works for violin solo / Sayaka Shoji violin

久々にCDを購入。庄司紗矢香のバイオリンソロ。これまた久々にオーディオ機器のスイッチを入れたので、音は全く眠った感じだが、この演奏、良い感じである。録音もたぶん良い。スピーカーは今、キット屋のkit LS3/5aだけだからね。

| | コメント (0)

2011年3月27日 (日)

苦役列車

西村賢太著「苦役列車」。言わずと知れた芥川賞受賞作品。読みはじめから芥川賞してる。「きことわ」的な軽やかさはなく、重く暗い独白的孤独が続く。

| | コメント (0)

2011年3月26日 (土)

花桃実桃

今日は風は強く寒かったが、子供と1時間ほどウォーキングしていた途中の丘というのか小山といったらよいのか、そこからの景色だ。清々しい一日。

Kira110326

で、KAGEROUのなんとも後味の薄さが物足りなさ過ぎで、口直しのために、中島京子著「花桃実桃」を楽しんだ。「小さいおうち」も素敵だったが、この小説も劣らず心地よい。愉快で、ちょっと物悲しく、でも、心温まる。幽霊も出てくるしね。お勧めの小説。

| | コメント (0)

2011年3月23日 (水)

KAGEROU

良い意味でも悪い意味でも話題となり大ヒットした齋藤智裕著「KAGEROU」。命の物語だそうだが、文章も展開もとても軽い。ポプラ社小説大賞に相応しいかどうかは分からないが、気楽に楽しめた。しかしAmazonのカスタマーレビューは厳しい評価だなあ。水嶋ヒロじゃなかったら、どんな評価になっていただろうか。

| | コメント (0)

2011年3月20日 (日)

さくらうさぎ

童心に帰ってこんな絵本をチラチラと。文:安藤和津、絵:奥田瑛二「さくらうさぎ」。

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

珍獣の医学

 これがですねえ、とても面白い。田向健一著「珍獣の医学」。珍獣といっても、犬猫以外の様々なペットだ。日々創意工夫の治療や手術が記され、興味津々である。お勧めの1冊。

| | コメント (2)

2011年3月18日 (金)

SANYO eneloop music booster DC9V音楽用バッテリー KBC-9VS

今日は三男の卒業証書授与式だった。これで我が家は小学生がいなくなった。

で、全然関係ないが、とうとうSANYO eneloop music boosterを手に入れた。そろそろ音楽を聴こうかな。

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

加害者家族

とても難しい問題だ。鈴木伸元著「加害者家族」。加害者も、なりたくて加害者になったわけではないだろうが、それでも仕方がないとは思うが、加害者の家族がいきなり生き地獄を味わねばならないとは、理不尽な気もする。とても難しい問題だ。特に日本では。

| | コメント (0)

2011年3月15日 (火)

「空気」と「世間」

必読の1冊。鴻上尚史著『「空気」と「世間」』。日本人社会というより「世間」というものが、よく分かる。「社会」ではなく、「世間」から「空気」へ。

| | コメント (0)

2011年3月14日 (月)

何ができるか

この地震の被災者にどのような支援ができるだろうか。 

とりあえず募金。そうだ、Yahooの緊急災害募金にしよう。

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

大地震

神様、地球の怒りを鎮めてください。

| | コメント (0)

2011年3月11日 (金)

ブランケット・キャッツ

重松清著「ブランケット・キャッツ」。ハートウォーミングな小作品7編。ほんと心温まる。

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

二度寝で番茶

いいねえ、これ。木皿泉著「二度寝で番茶」。夫婦漫才の世界。テレビはほとんど見ないので、木皿泉って誰?って感じだが、仲のいい夫婦だ。

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

NAS導入

ということで、NASを導入することにした。NASはStudioKお勧めのQNAP TS-119で今週中には配達される。HDDはどれが良いのかわからなかったので、OLIOSPECを見てSeagate製ST31000524NSにした。なんと1TBだ。

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

きことわ

言わずと知れた芥川賞作品、朝吹真理子著「きことわ」。Amazonのカスタマーレビューは芳しくないが、でも、じっくり読んでいくと、空間と時間を言葉の力で緻密に紡ぎ、空気の揺らぎを平易な表現で描ききっている良書と思うのだが。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »