« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

コンビニのない町の義肢メーカーに届く感謝の手紙

片田舎にある小さな、でも、お客様に寄り添うとても大切な会社があります。

| | コメント (0)

2011年6月27日 (月)

オーダーメイド殺人クラブ

私が中二の時はどうだったろう。こんなに思いつめていなかったし、バカな男子だったし。

辻村深月著「オーダーメイド殺人クラブ」。中二の揺れる思い。前半はいまいちで、ギブアップしようかと思ったが、後半少しずつ面白くなって、最後まで興味が持続した。辻村深月の作品って良いねえ。

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

月は怒らない

垣根涼介著「月は怒らない」。本屋さんでふと目に留まった。私にとって初めての垣根作品だ。一人の女性と彼女を巡る男達の葛藤。結構お気に入りの作品となった。

| | コメント (0)

2011年6月22日 (水)

自閉症の僕が飛び跳ねる理由

(たぶん重度の)自閉症児の心の中や感情等、自閉症児自身の言葉で綴られている貴重な本。

| | コメント (0)

2011年6月21日 (火)

stereo 2011年07月号

買うつもりはなかったのだが、会社からの帰りがけに本屋さんに寄ったら平積みされていて、思わずレジへ。付録欲しさに。作るかどうかも分からないのに。我ながら情けない。FOSTEXの純正エンクロージャーがあるようなので、気が向けば手に入れよう。本当、情けない。でも、もしこれが完成したら、現時点での私のメインスピーカーとなる。(あっ、現在愛用中のTivoliとほとんど同じサイズだ。)

| | コメント (0)

2011年6月17日 (金)

アスペルガー症候群

ALIX3D2+VoyageMPDとHD-7A、Tivoliを使って、Audio Basic付属のCDを聴きながら、のんびりしている。

で、岡田尊司著「アスペルガー症候群」を読んだ。アスペルガー症候群のことを平易に書いてあり、一般の人にも取っ付き易い。でも、著名人がいっぱい出てくるなあ。

| | コメント (0)

2011年6月14日 (火)

月と蟹

直木賞受賞作品、道尾秀介著「月と蟹」。今まで何度か読む機会があったが、今回じっくりと読んだ。満足の1冊。出だしはちょっと乗れなかったが、徐々に作品の世界に引き込まれた。題名の「月と蟹」に納得。お勧め。

| | コメント (0)

2011年6月12日 (日)

AUDIO BASIC 2011 Summer vol.59 オーディオ用PCって?

久々にオーディオ雑誌を購入した。我が家の次期システムの参考になるかなあ。

で、「オーディオ用PC自作のポイント」なる記事があり、確かにポイントは記載されているが、残念ながら、使用しているパーツ名が記載されていない。使用したパーツ名くらいは載せて欲しい。

また、オーディオ雑誌ならばオーディオ雑誌らしく、このパーツの組み合わせで組み立てればこんな音、あのパーツの組み合わせならばあんな音、といった記事にしてくれると、オーディオファイルも参考にできるのだが。(ケーブル類等のアクセサリーの音の比較はするのになあ。)

オーディオ用PCに何を期待するのだろう。オーディオ用PCってなんだろう。

| | コメント (0)

2011年6月11日 (土)

ある少女にまつわる殺人の告白

何ともはっきりしまい天気が続く。

で、佐藤晴南著「ある少女にまつわる殺人の告白」。児童虐待と、その連鎖。テーマは重たいが、ストーリーの組み立て方の良さ、表現力の巧みさで読者をひきつける。

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

妻と最期の十日間

桃井和馬著「妻と最期の十日間」。そうか、フォトジャーナリストとして各地の凄惨な死を何度も体験したとしても、愛する者との永遠の別れには正気を失うのか。そうだと思う。自分も、愛する者が突然いなくなったら、錯乱しそうだ。

| | コメント (0)

2011年6月 6日 (月)

本日は大安なり

辻村深月著「本日は大安なり」。以前「ツナグ」を読んで気になっていた作家。今回の舞台は結婚式。登場するカップルやその家族たちの愛憎劇!というと的確な表現ではないが、でも、最後は幸せな終わり方で心が温まる。「ツナグ」と同様にお勧めの1冊。

| | コメント (0)

2011年6月 2日 (木)

幻想郵便局

いやあ、楽しい作品を見つけました。堀川アサコ著「幻想郵便局」。この世とあの世をつなぐ郵便局を要に人間模様、死人模様が映画的だ。とても切ない場面もある。誰か映画にしてくれないかなあ。

| | コメント (0)

2011年6月 1日 (水)

ALIX3D2+VoyageMPDでの音出し成功

StudioKの音と戯れる会のメンバーの方に作っていただいた小さな筺体に収められたALIX3D2+VoyageMPDの音出しに成功し、ほっと一安心。最初は戸惑ったものの、戯れる会のメンバーの方々のノウハウや知恵を拝借できたのが、大きな支えとなった。

ただ、今はプリもパワーもスピーカーも手放してしまったので、本格的なオーディオ環境はないが、現在はUSB-DACとしてPhaseTechのHD-7A、スピーカーはTivoli AudioのModel Twoを使った簡易的なもので音楽を楽しんでいる。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »