« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

これもWorld Order

今日で11月も終わり。今年もあと1ヶ月だ。11月も最終週に体調を崩し、2日間程寝込んだが、こんなWorld Orderも大好きだ。まあ、こっちもご愛嬌。

| | コメント (0)

2011年11月24日 (木)

毎日 World Order

ということで、毎日見てます。World Order

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

WORLD ORDER

昨日まで知らなんだ。K-1も見ていなかったので須藤元気も知らなんだ。普段見ないTVで偶然見て、はまった。

In WPC 2011とか最新の2012。目からも耳からも離れない。

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

遺体―震災、津波の果てに

石井光太著「遺体-震災、津波の果てに」。 映像では伝えてくれない、生ではなく死との直面。文字だからこそ、胸に突き刺さる。その辛さがわが身を包み込む。幾度も涙しながら読み終えた。

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

春から夏、やがて冬

歌野晶午著「春から夏、やがて冬」。 今まで読んだことのない作家に、ふと目に留まって読み始めて、はまった。たしかに絶望と救済である。いや、たぶん救済であろう。救済であってほしい。お勧めの1冊。

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

はげまして、はげまされて~93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記~

竹浪正造じいちゃんの人生の一コマ。正造じいちゃんの半分位しか生きていないが、でも、すごいことだ。それぞれの絵が、辛いものもあるが、すべて幸せそうだ。うん、幸せだ。

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

珈琲豆のイヅツヤ

県内ではあるが、ちょっと我が家から遠いコーヒー豆屋、イヅツヤ。お店で焙煎していて、どの豆も素敵だ。先月初めて訪れた際には、豆のオマケをつけてくれた。次はいつ行けるだろう。

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

県庁おもてなし課

有川浩著「県庁おもてなし課」。前から読みたいと思っていて、やっとその時がきた。期待を裏切らない快作。高知応援小説だ。お勧めの1冊。

| | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

プチ・プロフェスール

伊与原新著「プチ・プロフェスール」。リケジョの大学院生と、これまたリケジョの小学生。基本、理系小説だが、そんなの気にせず、すんなりと楽しめる良作。

| | コメント (0)

2011年11月 1日 (火)

完盗オンサイト

今日からもう11月。今年も残り2ヶ月。でも外は日中は暖かい。

で、玖村まゆみ著「完盗オンサイト」。結構これ私好みの作品だ。何が江戸川乱歩賞なのかは分からないが、娯楽作品として最後まで楽しめた。確かに巻末の選評は秀逸。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »