« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

ある一日

いしいしんじ著「ある一日」。書き方が芥川賞的なまわりくどさで、どうも乗れずに終わってしまった。

アンプは半分くらい進んだかな。でもマニュアルがはっきりしないし、結構確認しながらの製作なので、なかなか前に進まない。

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

乳と卵

川上未映子著「乳と卵」。芥川賞受賞作品らしく、芥川賞受賞的な言葉と文章の遊びのリズムに乗ってくると、最後まで一気読みできる逸品だ。

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

私の中の男の子

山崎ナオコーラ著「私の中の男の子」。性同一障害的な話か?テーマは別にして、結構引き込まれた。最後は何となくハッピーエンド的で、ホッとした。

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

ニーチェアXでくつろぐ

我が家には、今、リビングにソファがない状態で、床に寝そべってテレビを見ればよいのだが、それでは味気ないので、何年も前に購入したニーチェアXとオットマンを出してきて、くつろいでいる。オットマンの布地が破れていたので、椅子用の布地も一緒に新調したお陰で、Amazonのリンク先の写真ように綺麗になった。まあ木の部分には傷もあるが、まあそれも味がある。

製作中のアンプは遅々として進まない。完成目標:GWかあ?

| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

哀しみの星

新堂冬樹著「哀しみの星」。何となく手に取り、何気なく読み始めて1時間で読了。感情移入できず。

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

決起! コロヨシ!!2

三崎亜紀の「コロヨシ!!」を楽しんだのは2年前になるのかあ。

その続編の「決起!」も目まぐるしく場面が変わり、500頁を超えるストーリーも、飽きずに最後まで楽しめた。これもお勧めだ。もちろん、第1作目の「コロヨシ!!」を読んでから、第2作目を読まないといけません。

| | コメント (0)

2012年3月14日 (水)

晴天の迷いクジラ

ふがいない僕は空を見た」で気に入った窪美澄の新作「晴天の迷いクジラ」。

生、死、仕事、家族、鬱・・・。様々は苦悩を抱え、でもやはり「生きていく」ことを決意する。「ふがいない僕は空を見た」もお勧めだが、この作品もとてもお勧めする。

次回作もますます期待してしまう。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

rokenbok ロッケンボック

10年も前にアメリカで購入したrokenbokがずーっと引っ越しのダンボール箱に入れたままだったが、思い切って箱から取り出した。アマゾンで検索してみても、同じセットはなかった。

長男、次男はrokenbokを覚えていたが、中1の三男は覚えてなく、結構夢中になって遊んでいた。(でも、すぐに飽きたが。)

| | コメント (1)

2012年3月 9日 (金)

ファイヤーボール

またしても原宏一。「ファイヤーボール」。火の玉のごとく熱い熱いストーリー。元気の出る超お勧めの1冊。

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

東京ポロロッカ

原宏一著「東京ポロロッカ」。多摩川大逆流?って、読みながら、ずーっと3.11のことを考えていた。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »