« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

共喰い そして 笑えよ

田中慎弥著「共喰い」。言わずと知れた芥川賞受賞作品。賛否両論あるが、文章力は力強く、読ませる。私的には、「共喰い」より、同時収録の「第三紀層の魚」のほうが好みだ。

それと、全然芥川賞とは全く世界の違う、工藤水生の「笑えよ」。ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作品、だそうな。文章も内容も薄っぺらい。でも、こういった作品もありかな。

| | コメント (1)

2012年5月28日 (月)

希望の地図

震災とどう向き合うべきか、いかに寄り添うか、同じ目線で・・・何ができるのか。

そんな上から目線も反省すべきか。

で、重松清著「希望の地図」だ。

| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

エアコン設置

少しずつ暑い夏に近づいていく。電力事情は、どうなるのだろうか。何を信じてよいのだろうか。停電になるのだろうか・・・・。政府も関係者も本当のことを言っているのか、誰を信じてよいのか、まあ、よく分からない。

で、まあ、よく分からないが、停電になったらなったで、仕方がないが、我が家でできることといえば、最新型のエアコンを設置して、少しでもエコに役立つことか。

ということで、近所の電気屋にお願いして、昨日・今日とエアコンを設置してもらっている。機種は電気屋お勧めのもの。

あっ、シマッタ。いくらになるか値段のことは聞かなかった。マイッカ。

| | コメント (0)

2012年5月25日 (金)

三匹のおっさん

有川浩の「三匹のおっさん」。「三匹のおっさん ふたたび」が本屋さんに平積みされていたので、読もうかなと思ったが、その前にこれを読まねば。

有川浩の作品は、どれも楽しいねえ。この作品も満足。しばらくしたら、「ふたたび」も読まねば。

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

Guitar Renaissance

渡辺香津美のギター・ルネッサンスを聴いている。(5年以上前に買ったんだあ。) 

音量は低め。

上質のBGM。

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

Panasonic デジタルコードレス普通紙ファックス KX-PD551DL-S

シャープのF12CWというファックス電話を使ってきたが、ボロボロになったので、思い切って買い換えた。 今回はパナソニック製だ。

で、何か進化しているのだろうか。よく分からない。

| | コメント (0)

2012年5月17日 (木)

サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件

今日のオリンパスの株価は1,147円。特設注意市場銘柄指定ながら、上場維持だ。

なぜ上場維持なのだろう。日本の株式市場に対し、世界の信用はガタ落ちだ。

オリンパス事件の必読書。

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

僕はお父さんを訴えます

友井羊著「僕はお父さんを訴えます」。文章は軽めのタッチだが、話の構成と展開で、一気に読ませる。お勧め。次回作を期待しちゃう。

| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

ニーチェアXをもう1セット

リビング用にソファを買おうかどうしようか悩んでいるのだが、結構場所を取りそうだし・・・・。

ということで、ニーチェアXをもう1セット購入。今回はオリーブ色にしたので、コーヒー色との色違いとなった。まあ、収まりは良い。

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

庭づくり

家が完成したので、更地だった庭に手を加えることになった。昨日から重機が入り、工事が始まった。樹木と芝生とウッドデッキ・・・・・。さて、どんな庭になるのかなあ。

| | コメント (2)

2012年5月10日 (木)

サファイア

湊かなえ著「サファイア」。彼女の作品は(多分)すべて読んでいるが、なかなか粒ぞろいの短編集だ。消化不良というか、終わりが?な作品もあるが、それはそれで作者の意図か。なかなか面白かった。

| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

Audiophile Jazz PrologueIII Kent Poon

いやあ、この音楽を聴くのに、何年かかったか。HD-7Aを昨年末192にアップグレードして、やっと24bit192kHzの音楽が再生できるようになった。 まあ、Voyage MPD+ALIX3D2のLANケーブルが床を這っているのが見苦しいが。

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

花のようする with グレン・グールド

藤谷治著「花のようする」。大人の恋の葛藤と静かな愛。心にすーっと染み入る優しさと臆病さと億劫さが同居する素敵な話。

で、読み進めながら、グレン・グールドをボリュームを絞って、両方を楽しむ自分がいた。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »