« KRIPTON IS-100 ハイカーボンスチール・インシュレータ | トップページ | 冥土めぐり »

2012年8月 7日 (火)

ロスジェネの逆襲

ということで、池井戸潤の「ロスジェネの逆襲」を読了。前2作と同様に、痛快な展開に心踊らされる内容だ。

そうか、バブルとロスジェネか。現実問題、今はバブルもロスジェネも辛い毎日が続いている。先も見えないし。

違いとしては、ロスジェネはバブルを体験できなかったが、バブルは一瞬バブルを体験できたことか。当たり前だが。現役を退くときに、その違いはどうなっているのだろうか。

|

« KRIPTON IS-100 ハイカーボンスチール・インシュレータ | トップページ | 冥土めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KRIPTON IS-100 ハイカーボンスチール・インシュレータ | トップページ | 冥土めぐり »