« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

ホイッスル

お気に入りになりそうな作家に出会えたかなっ、的な藤岡陽子著「ホイッスル」。登場人物、展開、描写、うまいと思う。お勧めの1冊だ。

| | コメント (0)

2012年11月21日 (水)

七緒のために

島本理生著「七緒のために」を読んだが、何だかよく分からなかった。

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

七つの会議

待望の池井戸潤著「七つの会議」。誰が本当の主人公なのか分からないが、でも登場人物がうまく絡み合い、話を盛り上げる。お勧めの1冊。

| | コメント (0)

2012年11月14日 (水)

もらい泣き

2年以上前に読んだ「天地明察」ではまった冲方丁の「もらい泣き」。お涙頂戴的な話ではなく、人間って優しいなあ、素敵だなあ、って思わせる短編集。いいなあ。

| | コメント (0)

2012年11月11日 (日)

終末の鳥人間

雀野日名子著「終末の鳥人間」。ちょっと前に読んだ「トリガール!」と同じく、鳥人間ものの話だが、全くの別物。

昨今のきな臭ささプンプンで、数年先に実際に起きそうな危うさの中の鳥人間ストーリーだ。臨場感たっぷりで、読者をひきつける。超お勧めの1冊。

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

スリジエセンター1991

海堂尊の最新作、「スリジエセンター1991」。彼の作品を読んで毎回思うのだが、エンターテイメントに徹していて、最後まで読者を楽しませる。海堂ワールドの時空を行き来して、今どこにいるのか分からなくなってしまい、全体を俯瞰できればよいのだがね。

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

薪ストーブの季節到来

ここ最近、朝晩、ぐーんと寒くなり、(といっても、北海道や東北と比べれば、暖かいけど)薪ストーブを使い始めた。まあ、今のところは、焚き付けして、薪2、3本くべれば、部屋はポカポカ。

__

で、最近、またレコードを聴きたくなってきた。プレーヤーを処分してしまったので、今度はどのモデルにしようか物色中。ずうーっと、次はLP12にしようと思っていたのだが、VPIとかもいいし、しばらく悩もう。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »