« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月20日 (土)

狭小邸宅

ふと「ブラック企業」なんて言葉が思い浮かんだが、やはり物を売るってことは大変である。しかも、一生のうちで一番高額なものを売る場合は。

この新庄耕著「狭小邸宅」を読むと、がんばってもなかなか結果が出せない辛さが良く分かる。

| | コメント (0)

2013年4月15日 (月)

東京プリズン じゃなく いよう! だな

長男の引っ越しや年度末なんかでバタバタしていて、久しぶりのアップ。

そんな中、どうもうまく入れない小説もあれば、1ページ目から気に入る作品もある。その時の心の持ちようかもしれないし、忙しさの度合いかもしれない。

で、評判が高い赤坂真理著「東京プリズン」は、100ページ読んだのだが、結局心が動かされず机に置いてしまった。最後まで読めば楽しめたのかもしれないが、そこまで気持ちが持ちそうにない。

後者はこれ。山田宗樹著「いよう!」。何にも考えずに、ストーリーに乗れるのだ。あっと言う間の読了。こういうの良いなあ。

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »