« 何のために生まれてきたの? | トップページ | ナショナル ジオグラフィックが見た 日本の100年 »

2013年5月15日 (水)

愛しいひとにさよならを言う

小説を読むときの心の持ち様で、その作品に引き込まれるか、良い作品だなあと思いながらも淡々と読み進めてしまうのか、いまいちだなあと思うか、拒絶してしまうか。

石井睦美著「愛しいひとにさよならを言う」。話の展開が小説的で、こういう生き方もありだなと思うし、とても読みやすいし、良い作品だなと思うのだが、少し冷めた自分がいて、作品に引き込まれるには、もう少し毒があっても良かった。

|

« 何のために生まれてきたの? | トップページ | ナショナル ジオグラフィックが見た 日本の100年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何のために生まれてきたの? | トップページ | ナショナル ジオグラフィックが見た 日本の100年 »