« 薪ストーブのメンテナンス | トップページ | 楽園のカンヴァス »

2013年5月24日 (金)

工場

才能ある新人が現れて、今までと少し尺度が違い、大衆に受け入れられるか否か、微妙な立ち位置にいるような、そうでもないような。

この小山田浩子著「工場」を読んでいて、表題作の「工場」だけ読むと、直木賞じゃないなあ、もし、芥川賞受賞となったとしても、全く違和感ほどの奇妙さである。

他の2編も、芥川賞は無理でも、その奇妙さは相変わらず。

嵌れば面白い作品だ。

|

« 薪ストーブのメンテナンス | トップページ | 楽園のカンヴァス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薪ストーブのメンテナンス | トップページ | 楽園のカンヴァス »