« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月25日 (日)

友罪

昨日は久々にオーディオファイル宅へお邪魔してきた。それも2軒。 やはり、オーディオに対しては、情熱がないとイカン、と反省しきりだ。

で、またまたオーディオとは関係ない、読書の話。 その道中、行きも帰りも、帰宅後も、今朝も、強烈に読み続けたのが、この薬丸岳著「友罪」だ。 何をどうとらえて、解釈して、どう行動すべきか、現実であれば、どんな態度をとってしまうのか。 自分はどの立場となるのか。 お勧めの1冊。

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

T-fal キッチンスケール オプティモ ガラストップ ブラック BC2100J2

前々からキッチンスケールが欲しいと思っていて、やっと手に入れた。もちろんデジタルで、0.1g単位で計れるものを物色していて、最初に目に入ったものがT-fal製だ。他のメーカーでも全然問題ないし、T-fal製が優れているのか全く分からないが、とりあえずこれにした。ガラストップだし、持ってみると、結構重量がある。

これで、コーヒー豆の分量を正確に測れる。(というか、今まで、結構いい加減であったことが判明してしまった。)

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

約束

YouTubeを見ていたら、鉄拳の最新作がアップされていた。「家族の大切さ」だ。

| | コメント (0)

2013年8月17日 (土)

恋するフォーチュンクッキー

AKB48って、ほとんど見ないし聴かないけれど、唯一耳から離れないというか、Youtubeで最近見てしまうのが、「恋するフォーチュンクッキー」だ。

Perfumeの第2回ダンスコンテストも始まるようだが、なかなか振り付けが大変そうだけれども、AKB48のこの曲では、こんなのがあったり、あんなのがあったり、そんなのがあったりで、見ているだけで楽しい。振り付けの緩さが良いし。

でも、本家のAKB48が歌って踊るお勧めのミュージックビデオってないのかな。そうか、まだCD自体は発売されていないのか。(8月21日発売のようだ。)

| | コメント (0)

2013年8月16日 (金)

南部芸能事務所

漫才などの芸人の裏の姿って、なかなか立ち入ることは出来ないが、この作品、芸人の心の揺れを描いていて面白い。

畑野智美著「南部芸能事務所」。こんな人たちのこんな生き様もありそうだなあ、なんて思いをめぐらせ、最後まで、楽しく読める。お勧め。

| | コメント (0)

2013年8月14日 (水)

ホテルローヤル

暑い。クーラーに頼らず扇風機だけで、何とか日中を過ごしながら、気に入った本を手に取る。読書に集中し、暑さを忘れることはないが、今回も素敵な作品に出会えた。

直木賞受賞作品である桜木紫乃著「ホテルローヤル」。ラブホテルを舞台とした短編集。お勧めの1冊。

| | コメント (0)

2013年8月13日 (火)

風立ちぬ と シベリア

超久しぶりに映画館に足を運んだ。とくに家内と二人での映画鑑賞なんていうのは、10年以上、20年以上前って感じで、いつ行ったか覚えていない。

今回はジブリの話題作「風立ちぬ」だ。子供向けというより、大人向けの良い作品である。

で、その作品に「シベリア」というお菓子が出ているのだが、自分はそれを食べた記憶がない。(家内は子供のころ食べた記憶があるそうな。) 映画の帰りに、近所のスーパーに立ち寄ったら、まさしくそのシベリアが売っていて、その素朴なお菓子を食して、「風立ちぬ」を思い返していた。

| | コメント (2)

2013年8月11日 (日)

あいちトリエンナーレ2013

あいちトリエンナーレ2013が昨日から開幕。

この猛暑、酷暑のなか、早速、愛知県美術館と名古屋市美術館に足を運び、なんかよう分からん現代美術を楽しんだ。久しぶりに家内と2人だけのデートである。

Yanobekenji

| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

ヤマネコ・ドーム

先月は、まだ他にも本を読んだのだが、このBlogにアップしていないものが1、2冊ある。

この津島佑子著「ヤマネコ・ドーム」もそうだ。とても読者を惹きつける魅力ある作品だ。時空を超えて、読者を混乱させながら最後まで読ませる。お勧めの1冊。

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

グランドマンション

この暑い夏、気楽な読み物が良い。

で、折原一著「グランドマンション」である。じっくりと読み込むこともなく、気楽に楽しめるのだ。

| | コメント (0)

2013年8月 5日 (月)

WoodBag

まだまだ暑い夏は続くが、冬に向けての薪の調達をボチボチと進めてる。

今、安く手に入った半乾きの薪があるので、いのり薪生産組合という所からWoodBagなるものをとりあえず2袋買ってみた。

この暑い夏、乾燥が促進されれば良いのだが・・・・。期待しています。

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

僕の父は母を殺した

人生とは何とも残酷な一面を見せる。

NHKのハートネットを見て、改めて大山寛人氏の「僕の父は母を殺した」を読んだ。自分の半生を振り返り、父とは何か、母とは何か、家族とは何か、孤独とは何か・・・・。

| | コメント (0)

2013年8月 3日 (土)

わたしをみつけて

先月は何かと気忙しくてパソコンに向かうことが出来ず、ブログをほとんど更新できなかった。まあ、そんな中でも、何冊か本を読んでいたけどね。

で、そんな不安定な気持ちの中、心を落ち着かせてくれる作品がこれだ。

きみはいい子」に続く中脇初枝著「わたしをみつけて」。前作品と同様の静かなトーンで、暗く、切なく、最後にホッとさせられる素敵な物語である。これも本当にお勧めである。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »