« くちづけ | トップページ | 爪と目 »

2013年10月 1日 (火)

島はぼくらと

1ヶ月程前に読み始めたのだが、その時は10数ページでリタイア。なぜか良く分からないが、出だしで躓いてしまった。

で、やっぱり辻村作品は外せないと思い改め、今回読み直した。辻村深月著「島はぼくらと」。 辻村ワールドの青春もの。 ものすごい大事件が起きるわけではないが、島の雰囲気を味わいながら、最後まで気持ちよく、読了。

|

« くちづけ | トップページ | 爪と目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くちづけ | トップページ | 爪と目 »