« 翔ぶ少女 | トップページ | セラピスト »

2014年3月 6日 (木)

耳には聞こえていないけれど、脳には聞こえている

日経ビジネスオンラインがお気に入りで、ちょくちょく記事を読んでいる。

で、オーディオ的に面白い記事があり、「耳では20キロヘルツ以上の高周波音は聞こえないけれど、にもかかわらず実は聞こえている!」という。 なるほどねえ。

この連載の(3)では、大好きなチェンバロのことも記載されていて、なんと100キロヘルツ付近まで含まれているとのことだ。 でも残念ながら普通のCDではそこがカットされてしまう。 やはり生演奏だね。

このシリーズを早く読みたい人はナショナルジオグラフィックへ

|

« 翔ぶ少女 | トップページ | セラピスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翔ぶ少女 | トップページ | セラピスト »