« 本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 | トップページ | ミッドナイト・バス »

2014年4月12日 (土)

昭和の犬

我が家も昔を飼っていた。30年も前の話。白いマルチーズ。

で、この作品。 特段、大事件が起きることもなく、淡々と一人の女性の半生を描いていく。 姫野カオルコ著「昭和の犬」だ。 この淡々さが読者を引き込む。 

|

« 本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 | トップページ | ミッドナイト・バス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 | トップページ | ミッドナイト・バス »