« シャバはつらいよ | トップページ | 浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち »

2014年9月14日 (日)

あしたから出版社

生き辛いけど、生きなきゃいけない。何かもうまくいかない。一人ぼっち。だけど、好きなものは一つだけある。

ということで、子供のころから、本そのもとの本屋が好きな島田潤一郎氏の夏葉社立ち上げの話。とても素敵な勇気を貰える一気読みの本。お勧めだ。

|

« シャバはつらいよ | トップページ | 浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャバはつらいよ | トップページ | 浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち »