« 兄と弟、あるいは書物と燃える石 | トップページ | 若年性アルツハイマーの母と生きる »

2015年7月 5日 (日)

長いお別れ

小さいおうち」も良かったが、この作品も劣らず素敵な作品だ。

中島京子はとても優しい眼差しで作品を描く。 この作品もそうで、そして最後に優しく涙を誘う。 この展開はうまいと思った。

今のところ、今年一番のお気に入りの作品。お勧めである。

|

« 兄と弟、あるいは書物と燃える石 | トップページ | 若年性アルツハイマーの母と生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 兄と弟、あるいは書物と燃える石 | トップページ | 若年性アルツハイマーの母と生きる »