« トライアウト | トップページ | 君の膵臓をたべたい »

2015年8月 6日 (木)

空が、赤く、焼けて 原爆で死にゆく子たちとの8日間

今日は、広島に原爆が投下され、ちょうど70年が過ぎた。 私が生まれる前の話だ。 原爆も戦争もどんどん風化してしまう。

だが、この奥田貞子さんの「空が、赤く、焼けて」を読むと、70年前の惨状が目の前に広がり、怒りと涙が溢れ出る。

安倍晋三は、いつも何処を見ているのだろうか。 アメリカの顔色ばかりか。 もっと戦争の現実と、その犠牲者となる子供たちを真剣に見つめてほしい。 日本人の思いに耳を傾けてほしい。 そして、願わくば、この奥田貞子さんのたった8日間の日記を読んでほしい。

|

« トライアウト | トップページ | 君の膵臓をたべたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トライアウト | トップページ | 君の膵臓をたべたい »