« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月28日 (水)

親を送る

さすがノンフィクション作家というか、よく記憶、記録して文章を書き上げるものだ。 井上理津子著「親を送る」。 

ホント、バタバタで、すべてを忘れてしまうからなあ。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

「いじめ」をめぐる物語

6人の作家による「いじめ」の競演。 それぞれ全ての作品は面白いのだが、その中で一つあげるとすれば、辻村深月の「早穂とゆかり」かな。

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

Masato

今はもう珍しくもない海外駐在。 その家族、とりわけ子供たちの経験と成長が、我が家の経験と重なり合う。

岩城けい著「Masato」。 「さよなら、オレンジ」と共に、エキサイティングな展開だ。

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのお菓子教室

まあ作ることはないけれど、ただ見ているだけ。 それでも良いのだ。

| | コメント (0)

2015年10月17日 (土)

金魚姫

久々に最後までワクワクさせる作品に出会えた。 荻原浩著「金魚姫」である。 

どんな展開になり、最後はどうなるか、最初から最後まで裏切られず楽しめた。だれか映像化してくれないかなあ。

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

ラ・エスメラルダ農園のゲイシャ@イヅツヤ

先週末イヅツヤに立ち寄ったら、「ゲイシャ入荷」の張り紙があって、ご主人のプッシュにより即決。久々の超高級豆だ。

「ラ・エスメラルダ農園のゲイシャ」。とても上品な味わいを楽しんだ。珈琲のお供は、東郷町のベベのケーキ。ポール・リカール等々。ベベも美味しい。

| | コメント (0)

2015年10月 3日 (土)

ボクの彼女は発達障害: 障害者カップルのドタバタ日記

くらげ著「ボクの彼女は発達障害 障害者カップルのドタバタ日記」。

 こういうのって、なかなか理解してもらえないが、日常のありふれた場面で起きる生き辛さを、少しでも分かってもらえると、生き易いのだ。

世の中、いろんな人がいるわけだ。 で、「一億総活躍社会」? 日本人全員が活躍せな、あかんのかい。 

活躍している人、したい人、できない人、しない人、したくない人、するのが苦しい人、して泣いている人・・・・・・・。 いろんな人がいて、この世の中があるんじゃないか。 全員が同じ方向を向いて走るなんて、へどが出る。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »