« 橋を渡る | トップページ | ジャッジメント »

2016年7月26日 (火)

羊と鋼の森

うーん、また梅雨に逆戻りした感じだ。

で、宮下奈都著「羊と鋼の森」である。

うーん、いい感じなんだよなあ。ストーリー展開も内容も。 ちょっと軽めなのかなあ。 もっと調律師の世界を掘り下げて、もう少し厚めの文章を書いていただくと、もっと楽しめそうだが。

|

« 橋を渡る | トップページ | ジャッジメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 橋を渡る | トップページ | ジャッジメント »