2018年2月21日 (水)

ペコロスの母の忘れ物

まだまだ寒い。

で、岡野雄一著「ペコロスの母の忘れ物」である。 近い将来の我が家の姿かな?

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

希望のごはん 夫の闘病を支えたおいしい介護食ストーリー

皆老いていく。 母親も老いていく。 私も老いていく。

近い将来、こんな本も必要になるのだろうな。

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

せつない動物図鑑

年末から年始にかけて、抗いきれないストレスが多く、辛い日々を送っている。 最近、本も読んでいないし。 時間が解決するのだろうか。

で、気軽に読める「せつない動物図鑑」である。 鬱の一歩手前では、このくらいの本がちょうど良いし、このくらいじゃないと受け付けない。

次は「ざんねんないきもの辞典」だね。

| | コメント (0)

2017年11月25日 (土)

100億人のヨリコさん

毎日寒いぜ。

で、似鳥鶏著「100億人のヨリコさん」である。面白かったけれど、それ以上でもそれ以下でもない。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

息子と狩猟に

最近は活字を追うことが辛くなってきて、年は取りたくないなあ。パソコンの画面も辛い。

Fujisan171026


で、3日前に撮った富士山。 もう少し雪が被さるとバランスが良くなるなあ、と横目で追いながら読んだ服部文祥著「息子と狩猟に」である。 富士山の美しさと無縁の話である。

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

コウノドリ(17)、(18)

毎度、涙が溢れる。

コウノドリの17巻、18巻。

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

やめるときも、すこやかなるときも

9月に入り、秋の気配があちこちに。 体もホッとする。

で、久々の読書。 窪美澄著「やめるときも、すこやかなるときも」。 本作品もいい感じで、最後までその世界に引き込まれた。 お勧め。

| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

透明なゆりかご(3) 、(4)

引き続き、沖田×華の「透明なゆりかご」である。

| | コメント (0)

2017年7月 3日 (月)

透明なゆりかご~産婦人科医院看護師見習い日記~(1)、(2)

7月に入って、いきなり暑い。雨が少ないのも心配、梅雨末期の豪雨も心配。

で、沖田×華の「透明なゆりかご」である。 やっと読むことができた。 今回は第1巻と第2巻。 とてもお勧めの作品である。

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

月の満ち欠け

6月に入って、いきなり人間ドック。 下剤が快調に効いている。

で、佐藤正午著「月の満ち欠け」。 現実離れしているが、でも現実に起きているかもと思いながら、ワクワクしながら最後まで読み終えた。 とにかく面白い。 映画化も良いかもね。 お勧めの作品だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧