2017年3月21日 (火)

星をつける女

少しずつ春が近づいている。

で、久々の原宏一である。 「星をつける女」。 グルメブームに乗って、シリーズ化しても良いかも。 2時間ドラマでも良い。

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

クラウドガール

金原ひとみ著「クラウドガール」。

芥川賞受賞的な文章力で惹きつける。

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

コウノドリ(15)、(16)

やっと、現時点での最新刊まで来た。

コウノドリの15巻と16巻である。

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業

トヨタ自動車をモデルとしたフィクション&ノンフィクション。

梶山三郎著「トヨトミの野望 小説・巨自動車企業」である。

フィクションorノンフィクションに関係なく、純粋に小説として楽しめる。お勧め。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました

なんと、寒さは続くが、いつの間に1月が終わっている。 読書のペースがかなり遅くなっている今日この頃だ。

で、藤河るり著「元気になるシカ」である。 なるほどなるほどと読み終えた。

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

聲の形(1)、(2)

紅白歌合戦を見て、寝て起きたら、2017年がスタートしていた。 今年はどんな年になるのだろうか。 

で、聲の形である。 前々から読みたいと思っていて、やっと、1巻と2巻を読み終えた。 今後が楽しみだ。

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

松田さんの181日

しかし、寒い。

で、そんな時、結構テンポ良く心地よい小説を楽しんだ。 平岡陽明著「松田さんの181日」である。 次回作を期待してしまう。

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

罪のあとさき

一昨日の富士山。新幹線の車掌さんから「美しい富士山が見られます。」とのアナウンスがあり、写真に収めたもの。

Fujisan161202

で、その時のお供が畑野智美著「罪のあとさき」である。 どう捉えたらよいのだろうか。  ストーリーとしては、とても面白いのだが、現実、その当事者となった時の想像がつかない。 文章は軽いのだか、内容が重いのだ。 でも、お勧めの1冊。

| | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~

ここに何を書き綴ればよいのだろう。

神戸金史著「障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~」。

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

コンビニ人間

村田沙耶香著「コンビニ人間」。

芥川賞受賞を聞いて、以前こんな作品を読んだことが思い出された。

で、「コンビニ人間」。 最初は芥川賞的な展開で話が単調に進むのかなあと思っていたが、話が変に極端で、とても面白い。 お勧め。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧