2015年12月 4日 (金)

旨かコーヒーCampanella カンパネラ

旨かコーヒーCampanella。 こちらもフレーバーコーヒーつながりの珈琲豆販売店。 

最近知ったのでお邪魔してきた。ええーっ!こんな所にあるのーっ!って感じで、都会の人には信じられないであろう、ド田舎にある。

このお店も忙しそうで、ワンドリップコーヒーも結構売れるそうだ。 会社からそんなに遠くないから、また行ってみよっと。

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

焙煎工房Rockfish ロックフィッシュ

フレーバーコーヒーに珈琲豆を買いに行ったら、寺津の方に、焙煎のお店を開いた方がいるよと教えてくれたので、早速お邪魔してきた。

この地区は中日ドラゴンズの岩瀬投手の地元で、焙煎工房Rockfishも岩瀬さんである。

まだ、店をオープンされて間もないので、店主の動作もぎこちないが、松屋式で真面目にコーヒーを淹れてくれる。うれしい限りだ。

ちょくちょく顔を出そうと思う。

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

ラ・エスメラルダ農園のゲイシャ@イヅツヤ

先週末イヅツヤに立ち寄ったら、「ゲイシャ入荷」の張り紙があって、ご主人のプッシュにより即決。久々の超高級豆だ。

「ラ・エスメラルダ農園のゲイシャ」。とても上品な味わいを楽しんだ。珈琲のお供は、東郷町のベベのケーキ。ポール・リカール等々。ベベも美味しい。

| | コメント (0)

2014年8月10日 (日)

豆蔵

ちょっと我が家から遠いのが難点だが、岡崎市にある豆蔵に行ってきた。多くの種類のコーヒーが楽しめる。次回はいつ行けるかなあ.

| | コメント (0)

2014年4月26日 (土)

55カフェ

コメダとか支留比亜とか、何とも騒がしい喫茶店は落ち着けず、ましてやスターバックス的な場所では、ゆっくりと珈琲も味わえない。

今日、瑞穂区あたりをドライブしていて、「美味しい珈琲&デザート」という看板に惹かれて、55カフェという喫茶店に立ち寄った。分煙というのがちょっと興ざめではあるが、珈琲に力を入れていて、静かな空間だし、普通の喫茶店だし、また立ち寄ってみようと思う。

55カフェのすぐ近くにイヅツヤがあるが、今日はここで珈琲豆も買ったので、明朝淹れてみよう。

あらまあ、たこ焼きがお勧めなのか!今度食してみよっと。

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

ネル 松屋式 エアロプレス

知らぬ間に1月も半ば、今年初めての投稿だ。特に目新しいネタもないが、まあ珈琲ネタから今年はスタートしよう。

タイトルのとおりで、今まで「フレーバーコーヒー」に出会って以来、松屋式の淹れ方を気に入って、ほぼ毎日この淹れ方を楽しんできた。 

で、昨年の終わりごろ、試しにエアロプレスを使ってみたが、「こんなもんかな」と、それほど感動せず、一杯だしには良いかなと、たまに出番が出る程度である。松屋式と比べると、洗い物が増えるし。

そんでもって、今年に入って、ネルを使い始めたわけだ。ネルの持ち味は、まろやかさと滑らかさだ。結構気に入って、最近はほとんどネルで淹れている。もちろん、ネルの使い勝手は面倒だが、それでも、ネルの魅力には勝てない。

フレーバーコーヒーのマスターとネルの話をしていて、ネルドリップにはクリームが合うそうな。で、スジャータを使うのなら、「スジャータ純乳脂肪18%」にしなさい、と教えてくれた。

現在の淹れ方の頻度は、ネル:6、松屋式:3、エアロプレス:1って感じだ。

これが、我が家では出番の少ないエアロプレス。(一度に2杯淹れることができないからなあ。)

| | コメント (1)

2013年12月 8日 (日)

パナマ ラ・エスメラルダ ゲイシャ

我が家の場合、珈琲豆の調達先は、「フレーバーコーヒー」と名古屋市瑞穂区にある「珈琲豆のイヅツヤ」がほとんどで、たまに東京出張の時には「南青山マメーズ」で購入している。

フレーバーコーヒーは我が家の定番で、コーヒーについて色々と教えてくれるし、店で働いているおばちゃん連中も良い人ばっかりだし、コーヒーも飲ませてくれるし、そして、コーヒーの値段も安い。多分、店の中で一番高いものは1,200円/200gじゃないかなあ。

スペシャルティ・コーヒーというか、XXX農園のXXX豆なんていうのは、フレーバーコーヒーにはないので、そんな時は、珈琲豆のイヅツヤの登場である。ここも定番の豆も美味しいが、XXXオークションとか、ちょっと個性的な豆がある。昨日お邪魔した時に、あのゲイシャがあったので、思い切って、思い切って、100gだけ購入。1,500円/100gなので、東京辺りよりお値打ちかな?(普段買う豆の値段の3倍、4倍だ。)

で、先ほどゲイシャを淹れてみた。(我が家の抽出方法は松屋式である。) なるほどねえ、さっぱり系でフルーティで上品な味わいだ。たまの贅沢も悪くない。

でもまあ、結局フレーバーコーヒーの安くて美味しい珈琲豆に戻るけどね。

| | コメント (0)

2013年11月 9日 (土)

そりゃあ、ないぜ

ということで、昨日は東京出張、目的地の飯田橋駅を下車。 ちょうど昼休みの時間に、その駅から歩いて10分?程のところにある自家焙煎の珈琲豆を売る店に立ち寄って、珈琲豆を購入した。

その店は注文後に生豆から焙煎してくれるというので、さぞかし新鮮で美味しいものを手に入れることができると期待したのだが・・・・・。

今回は3種類の豆を注文、「1種類5分かかりますから、3種類で15分お待ちください。」と言う。 (・・・・えっ!5分で焙煎できちゃうの!?)

帰路、鮮度をなるべくキープしようと、お店の袋の上に更に密閉の袋(いつものフレーバーコーヒーが使っているビニール袋)に入れて持ち帰ったのだが、微かに漏れる香りが、いつもの芳醇なコーヒーの香りと何か違っていて、ちょっと心配になってきた。

案の定、我が家に着いて封を開けてみたら、「なんじゃこりゃ!?」。焙煎のムラが酷く、淹れた味も、何とも生臭さが残る。1種類は深煎りし過ぎだし・・・・・。 自分が始めてミルク缶焙煎機で焙煎して失敗した失敗作を思い出したぜ。

これで、お金を取るの?

そりゃあ、ないぜ。

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

SUGI COFFEE ROASTING

前々から行ってみたいと思っていたが、ちょっと我が家から遠いからなあ、スギコーヒーロースティング

GW真っ只中の今日、家族と一緒にちょっと近くに行ったので、足を伸ばしてみた。で、結論。行って正解。

コーヒーやカプチーノを淹れてもらい、ゆっくりと味わったり、コーヒー関係の雑誌が一杯あったりで、静かな豊かな時間を過ごせた。

また、時間を見つけて行きたいものである。

| | コメント (0)

2012年10月17日 (水)

ミルク缶焙煎器

ということで、フレーバーコーヒー、オリジナルのミルク缶焙煎器を作った。というか、「ほとんど作ってもらった」と言った方が正確だ。

先週末、コーヒー豆を買いにフレーバーコーヒーに行ったわけだが、そこでミルク缶焙煎器の話になり、「でもミルク缶自体が無いんですよね。」と話したら、「(店の奥からミルク缶を取り出してきて)これを使いなよ。」と店長からの嬉しいお言葉。

それで話は終わらず、「取っ手の木もあるよ。」とか「とりあえず、取っ手の穴を開けてあげよう。」とか「金具があるよ。」とか「ついでだから、缶にも穴を開けるね。」とか「この際だから、遮熱板も付けちゃおうか。」・・・・・・と、ほとんど店長にやってもらった。

ということで、最後の組み立てのナット締め作業だけが自分に残された作業となった。「ナットも適当に持って行きな。」という言葉に甘えて、フレーバーコーヒーを後にした次第だ。

で、今完成。チャンチャン。

Baisen

おっと、肝心のコーヒーの生豆をどこかで調達しなければ。

| | コメント (0)